介護・福祉の現場に希望を

安江のぶおが介護施設を視察した模様

日本が抱える課題の一つは、人口減少・少子高齢化です。2025年には約650万人に上る全ての団塊の世代が75歳以上となり、40年頃には高齢者人口がピークを迎えます。

私は幼い頃、3人の子育てと祖父母の在宅介護に奮闘する母を見て、育ちました。現在、兄・妹は福祉施設で働いています。介護に携わる現場を見てきた一人として、私も介護・福祉の課題に挑んでいます。これまで、先進的に働き方改革を進める介護施設の視察や、ケアマネジャーとの意見交換を行ってきました。

人手不足が深刻度を増す日本の介護現場の課題を解決するには、職員の待遇改善、働き方改革が必要不可欠です。また、職員の負担を減らすAI(人工知能)等の活用も求められます。こうした働く現場の環境改善は、より質の高いサービスの提供につながると考えています。安江のぶおは、皆が生き生きと暮らし、活躍できる社会の実現に全力を挙げます。

(写真は、介護施設を視察した模様)

大学教育の無償化をめざす

もうすぐ「母の日」

敬老の日に感謝を込めて

安江のぶおが介護施設を視察した模様

関連記事

  1. アンケート結果「フォローしている政治家のアカウントはありますか?」

    アンケート結果「フォローしている政治家のアカウントはあります…

  2. 幼児とふれあう安江のぶお

    子どもの未来を守る

  3. 伊藤渉議員と笹島交差点で街頭に立ちました

    伊藤渉議員と笹島交差点で街頭に

  4. 体験交流施設で説明を受ける(左2人目から)新妻、伊藤、安江氏ら=1日 愛知・豊田市

    地方創生の課題を調査

  5. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

  6. 社会福祉法人・日本介助犬協会専務理事の髙栁友子さんと、安江のぶお氏(公明党参院選予定候補=愛知選挙区)

    介助犬への理解広げよう

PAGE TOP