大学教育の無償化をめざす

若者と語り合う安江のぶお

日本は今、少子高齢化が加速し、人口減少も進んでいます。だからこそ、未来を担う若者、子どもへの教育が何よりも大事です。日本の予算における教育費の割合は、先進国の中でも最低クラス。経済格差が教育格差につながり、貧困の連鎖を生んでいることも大きな課題です。

私自身、学生時代にほとんど仕送りがない中、大学院を含めて奨学金を7年間も借りて、学費と生活費を賄い、弁護士の道を切り開いてきました。奨学金のありがたさとともに、返済が若者にとって大きな負担になっていることが身にしみて分かるからこそ、志を持って挑戦する若者を支援できる自分でありたいと決意しています。

安江は、「給付型奨学金」と「授業料減免」をさらに拡充し、高等教育の無償化を推進していきます。経済的な理由で大学などへの進学を諦めていた子どもたちが、希望する進路へ進む道を開いてまいります!

(写真は、若者と語り合う安江)

高等教育の無償化が実現へ

Aichi Asue Action

10人部屋の寮で鍛え抜いた青春

若者と語り合う安江のぶお

関連記事

  1. 安江のぶお「31歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区予定候補

    安江のぶおです

  2. 「安江のぶおのスマイルがいっぱい」(ヨヂカラの時間内で放送します)

    東海ラジオで成人式の思い出と寮生活のお話をさせていただきまし…

  3. 来夏の参院選への決意を述べる安江氏(中央)と、伊藤(左隣)、里見(右隣)の両氏ら=4日 名古屋市

    公明は暮らしに密着

  4. 中小企業承継支援さらに/安江氏が愛知の相談窓口を調査

    中小企業 承継支援さらに

  5. 堀川五条橋地区の治水対策を視察する(左2人目から)石井国交相と安江、里見氏ら=24日 名古屋市

    リニア開業、万全の備え

  6. 名城公園で朝のジョギングで「キモ撮り」

    名城公園の朝のジョギングで「キモ撮り」

PAGE TOP