10人部屋の寮で鍛え抜いた青春

寮生時代の仲間

私は学生時代4年間を10人部屋の寮で過ごしました。3棟で構成されるこの寮には約400人が暮らしています。ひと部屋は約40畳で、3畳ほどの個人スペースにはベッドと勉強机などがあります。同世代との共同生活は毎日が新発見。視野も大きく広げることができました。

学年が上がると、寮の運営役も務めるように。寮に身を置き、後輩の相談にも耳を傾けながら、法律家をめざし勉強を続けていくことには様々な悩みや葛藤もありました。しかし、今振り返ると、全て意味があったと感じます。弁護士の仕事も、まず人の悩みに耳を傾けることから始まるからです。

これからもっと多くの人の元に足を運び、悩みに寄り添っていきます。そして、誰もが暮らしやすい社会の実現へ全力で挑戦します!

(写真は、寮生時代の仲間)

SNS・メールマガジン

すべての人が輝く明日へ 竹中理事長から応援の声

若者の多様な働き方

半田高校で築いた原点

子どもの未来を守る

水谷先生との出会い

寮生時代の仲間

関連記事

  1. 公明党の終戦記念街頭演説会に参加させていただきます!

  2. 公明党愛知県本部の女性局街頭に参加

    公明党愛知県本部の女性局街頭に参加

  3. 党員、支持者と握手を交わす安江氏(左)=11日 名古屋市

    生活者の課題を解決

  4. 夜回り先生の水谷修さんと対談

    水谷先生との出会い

  5. 自宅に土砂が流入した住民に話を聞く(右2人目から)伊藤、安江、魚住の各氏ら=8日 岐阜・関市

    公明、被災地で住民ら激励

  6. フォーラムであいさつする安江氏=6日 名古屋市

    防災意識の向上めざす

PAGE TOP