若者の多様な働き方

若者の声に耳を傾ける安江

日本有数のものづくり産業の集積地である愛知には、「ものづくり愛知」を支える数多くの中小企業があります。ライフスタイルが多様化した現代において、こうした企業で働く、特に若者の世代に、育児と仕事の両立や在宅勤務などの多様な働き方が求められています。

平成29年度に内閣府が行った、就労等に関する若者の意識調査の結果では、依然として多くの若者が働くことに「不安」を抱えていることが分かりました。全国に比べて、長時間労働の傾向が見られる愛知においては、労働環境を根本から見直し、それぞれの生活スタイルに対応できる多様な働き方を推進することが重要になります。

安江は、職場の労働生産性(質)の向上等を支援し、「働き方改革」を推進するとともに、青年の就労を支援する地域若者サポートステーションの充実に力を注ぎ、「誰もが働きやすい社会」を築きます!

(写真は、若者の声に耳を傾ける安江)

SNS・メールマガジン

 

関連記事

  1. YASU-METERが10,000人

    YASU-METER1万人達成

  2. 子育てに励む母親と懇談する安江

    子育てしやすい社会への挑戦

  3. 小さな声を、聴く力。|安江のぶお 2019年参院選 愛知選挙区候補

    小さな声を、聴く力。

  4. 伊藤辰矢常滑市長にお会いしました!

    伊藤辰矢常滑市長、杉江繁樹県議にお会いしました!

  5. 「子ども・若者総合相談センター」を視察する安江氏(右から2人目)ら=23日 名古屋市

    若者の自立サポート

  6. ものづくり補助金の運用改善を要望する安江氏(左から2人目)ら=28日 参院議員会館

    ものづくり補助金 使いやすく

PAGE TOP