子どもの未来を守る

幼児とふれあう安江のぶお

今月、厚生労働省が定める「児童虐待防止推進月間」が始まりました。児童虐待への関心を高め、子どもの未来を守る取り組みです。

厚労省の発表(8月)では、平成29年度に児童相談所(児相)で対応した虐待の相談件数は、13万3778件に上り、過去最多となりました。虐待の防止・早期発見への体制強化は、一刻も早く進めなければなりません。

児相職員の負担が増える中、法的文書の作成や職員への法的助言など、弁護士へのニーズも高まっています。児相と市町村の体制強化に向けて国が新たに示したプランにも、児相と弁護士の連携体制の強化が盛り込まれました。

子どもの心に深い傷が残ることは、日本の未来を大きく左右する一大事です。弁護士としての経験を最大限に生かし、虐待から子どもを守る体制の強化に、安江は挑みます!

※児童相談所全国共通ダイヤル「189(いちはやく)」へかけていただくと、お住まいの地域の児童相談所につながります。

(写真は、幼児とふれあう安江)

幼児とふれあう安江

SNS・メールマガジン

関連記事

  1. 幼少期の安江のぶお

    愛知生まれ、愛知育ち

  2. 公明党愛知県本部で各種団体との懇談会

  3. 高校時代に陸上競技のリレーでバトンをつなぐ姿

    陸上に駆けた青春

  4. 地元知多市の日長一区の盆踊り大会に参加

  5. 党愛知県本部の政経セミナーであいさつする石井国土交通相(中)と、安江(左)、新妻両氏=3日 名古屋市

    治水対策進め、人命守る

  6. 名古屋市の中川区、中村区を訪問

    名古屋市の中川区、中村区、そして天白区へ

PAGE TOP