すべての人が輝く明日へ 竹中理事長から応援の声

竹中理事長と安江

これまで多くの皆さまから、安江の挑戦に対して、ご期待の声をお寄せいただきました。そのお一人が、社会福祉法人「プロップ・ステーション」の竹中ナミ理事長です。

障がい者の就労支援に取り組む竹中理事長は、障がいがある人のことを「チャレンジド」と呼びます。障がいがあるからこそ体験できる事柄を、前向きに生かしていこうという思いが込められたこの呼称に、深い共感を抱きました。

竹中理事長からはお会いした際に、「福祉の党である公明党の次世代の中核として、すべての人が輝ける明日を開くため、全力で挑戦していただきたいと思っています」とのお言葉をいただきました。一人一人の個性と能力が存分に生かされる社会づくりのために、全力を注いできます!

関連記事

  1. ユーストークミーティング

    Aichi Asue Actionで学生さんの意見を伺う懇談…

  2. 参院選、統一地方選の勝利へ、総力を挙げて党勢拡大に挑むことを誓い合った全国県代表協議会=7日 公明会館

    参院選勝利へ勇躍出発

  3. 公明党愛知県本部の女性局街頭に参加

    公明党愛知県本部の女性局街頭に参加

  4. 党愛知県本部の懇親の集いであいさつする石田政調会長(中)と安江(左)、新妻の両氏=1日 名古屋市

    防災・減災対策進める

  5. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

  6. 安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

    安江のぶお 新/愛知選挙区 定数4

PAGE TOP