すべての人が輝く明日へ 竹中理事長から応援の声

竹中理事長と安江

これまで多くの皆さまから、安江の挑戦に対して、ご期待の声をお寄せいただきました。そのお一人が、社会福祉法人「プロップ・ステーション」の竹中ナミ理事長です。

障がい者の就労支援に取り組む竹中理事長は、障がいがある人のことを「チャレンジド」と呼びます。障がいがあるからこそ体験できる事柄を、前向きに生かしていこうという思いが込められたこの呼称に、深い共感を抱きました。

竹中理事長からはお会いした際に、「福祉の党である公明党の次世代の中核として、すべての人が輝ける明日を開くため、全力で挑戦していただきたいと思っています」とのお言葉をいただきました。一人一人の個性と能力が存分に生かされる社会づくりのために、全力を注いできます!

関連記事

  1. 西知多道路の知多市内杭打式に参加

    西知多道路の知多市内杭打式に参加

  2. 安江のぶおが介護施設を視察した模様

    介護・福祉の現場に希望を

  3. 自民党内でも若手改革派の先頭に立つ今枝宗一郎さん

  4. 東海ラジオ「「安江のぶお の Radio Smile!」

    東海ラジオ「安江のぶお の Radio Smile!」をやら…

  5. 安江のぶお候補(愛知選挙区)(左)の押し上げへ支援を力説する太田議長=11日 愛知・豊川市

    小さな声、公明が実現

  6. 比例区は公明党

    今日までのご支援、本当にありがとうございました

PAGE TOP