高等教育の無償化が実現へ

若者と語り合う安江

政府は2月12日、今年10月の消費税10%引き上げによる増収分を活用し、大学や専門学校など高等教育の無償化を閣議決定しました。高等教育無償化は、公明党が長年主張してきたものです。

具体的には2020年度から、世帯年収が270万円未満の学生の場合、国立大学では授業料と入学金が全額免除。公立は国立の額を上限に補助され、私立では授業料が最大で年間約70万円減額されます。私も奨学金を受けて大学・法科大学院に通ったことから、これらの施策のありがたさは身に染みて分かります。

文部科学省の調査では、私立大学の年間平均授業料は上がり続け、17年度には90万円に達しました。若者の未来が経済的な事情で閉ざされることの無いよう、安江は「『教育の時代』を切り開く!」との決意で、さらなる教育費の負担軽減に挑みます。

(写真は、若者と語り合う安江)

政策

特殊詐欺被害の防止へ

名古屋大学・福和教授との語らい

きょうは「成人の日」

若者と語り合う安江

関連記事

  1. 新聞拡大、議員率先で

  2. (地域の声行政に届ける)保育サービスの拡充が必要/稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

    地域の声行政に届ける 保育サービスの拡充が必要

  3. 豊田市、みよし市の公明党総支部大会

    豊田市、みよし市の公明党総支部大会に参加

  4. 職種別懇談会

    職種別懇談会を開催しました

  5. 公明党不払い養育費問題対策プロジェクトチームで、厚労大臣に緊急提言

    公明党不払い養育費問題対策プロジェクトチームで厚労大臣に緊急…

  6. 不妊治療支援拡充に向けての公明党のあゆみ

    不妊治療支援拡充に向けての公明党のあゆみ

PAGE TOP