高等教育の無償化が実現へ

若者と語り合う安江

政府は2月12日、今年10月の消費税10%引き上げによる増収分を活用し、大学や専門学校など高等教育の無償化を閣議決定しました。高等教育無償化は、公明党が長年主張してきたものです。

具体的には2020年度から、世帯年収が270万円未満の学生の場合、国立大学では授業料と入学金が全額免除。公立は国立の額を上限に補助され、私立では授業料が最大で年間約70万円減額されます。私も奨学金を受けて大学・法科大学院に通ったことから、これらの施策のありがたさは身に染みて分かります。

文部科学省の調査では、私立大学の年間平均授業料は上がり続け、17年度には90万円に達しました。若者の未来が経済的な事情で閉ざされることの無いよう、安江は「『教育の時代』を切り開く!」との決意で、さらなる教育費の負担軽減に挑みます。

(写真は、若者と語り合う安江)

政策

特殊詐欺被害の防止へ

名古屋大学・福和教授との語らい

きょうは「成人の日」

若者と語り合う安江

関連記事

  1. 公明党愛知県本部大会

    公明党愛知県本部大会を開催

  2. 「ヤング・ジョブ・あいち」を視察する(手前左から)里見、安江の両氏ら=14日 名古屋市

    40代半ばの就労サポート

  3. 西知多道路(常滑市内)の起工式

    西知多道路の起工式に参加

  4. 弁護士政治連盟愛知県支部の新年賀詞交歓会に参加

    弁護士政治連盟愛知県支部の新年賀詞交歓会に参加

  5. 終戦記念日を前に平和への決意を述べる浜田氏(前列中央)と(前列右から)安江、新妻、伊藤、里見の各氏ら=10日 名古屋市

    今日は終戦記念日。不戦の誓いを一丸と。

  6. 左は父、今井俊郎村長と

    岐阜県東白川村に

PAGE TOP