名古屋大学・福和教授との語らい

名古屋大学減災連携研究センター教授・センター長の福和伸夫先生と安江

私は、小学2年生から、知多半島で育ちました。自宅から、すぐに海岸へ足を運ぶことができます。それだけに地震による津波の対策など、防災・減災への意識が高くなりました。

先日、名古屋大学減災連携研究センター教授・センター長の福和伸夫先生とお目にかかる機会がありました。ちなみに、名前が同じ「伸夫」ということで、福和先生には非常に親近感を持たせていただいています。また拙著にご寄稿も頂いており、感謝に堪えません。

福和教授は「これから必ず起こる南海トラフ地震について、多くの人々に決意を喚起し、知ってもらう努力をお願いしたい」「愛知は本気になって対策に取り組める素地と使命がある」「防災についての価値観を改める人が一人でも増えれば、それは必ず被害軽減へとつながっていく」と語られました。

防災・減災は、待ったなしの課題です。安江は、31歳だからこそ、愛知の未来、日本の未来の責任世代として防災・減災に全力を挙げて取り組んでいきます。

(写真は、福和教授と安江)

きょうは「成人の日」

決戦の年に勝利を誓う

大晦日 この1年に感謝

名古屋大学減災連携研究センター教授・センター長の福和伸夫先生と安江

関連記事

  1. 国政報告会で子どもと握手する安江

    小中学校の教室にエアコン設置

  2. 第203回臨時国会がスタート

    第203回臨時国会がスタート

  3. 党勢拡大へ着実に行動

  4. 公明党三重県本部大会に出席

  5. 終戦記念日の街頭演説を行いました

    終戦記念日の街頭演説を行いました

  6. オンラインユーストークで語り合う矢倉委員長(上段右から2人目)、三浦青年局長(中段右から2人目)、安江学生局長(下段左端)と参加者

    党青年委 オンラインでユーストーク

PAGE TOP