希望あふれる社会つくる

若者世代と意見交わす 
党学生局

公明党学生局(局長=安江伸夫参院議員)は9日、衆院第1議員会館で、若者政策の充実に向けて、日本若者協議会(室橋祐貴代表理事)の学生らと意見交換した。

冒頭、安江局長は「若い人たちが(多様な)選択肢を持てる希望あふれる社会をつくりたい」と力説。党として、教育や医療、介護など人間が生きていく上で不可欠なサービスを無償化する「ベーシック・サービス」の考え方を踏まえ、「安心と希望の『絆社会』2040ビジョン」(仮称)の策定に取り組むことを紹介した。

意見交換では、教育費の負担軽減や少子化対策、主権者教育などの充実に向けて議論した。

希望あふれる社会つくる/若者世代と意見交わす/党学生局

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p264754/

関連記事

  1. (委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

    外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

  2. 森田実先生ありがとうございます!

    森田実先生、本当にありがとうございます!

  3. 台風19号災害被災者救援募金を、知多市で

    台風19号災害被災者救援募金を知多市で

  4. 安江と岡県議会議員がブロック塀を視察する模様

    防災・減災を社会の主流に

  5. 学生等のための緊急給付金の概要

    学生等のための緊急給付金を一刻も早くお届けしてまいります

  6. 来夏の参院選への決意を述べる安江氏(中央)と、伊藤(左隣)、里見(右隣)の両氏ら=4日 名古屋市

    公明は暮らしに密着

PAGE TOP