多発する原野商法“二次被害”防げ

多発する原野商法“二次被害”防げ/安江氏

安江氏

28日の参院地方創生・消費者問題特別委員会で公明党の安江伸夫氏は、値上がりの見込みのない山林や原野を売りつける「原野商法」に関して、“二次被害”の対策強化を訴えた。

安江氏は、かつて同商法の被害に遭った高齢者が「土地を買い取る」と持ちかけられ、売却額よりも高い新たな山林や原野を購入させられる被害が愛知県などで多発していると指摘。「規制強化を視野に入れながら、適切に対応していく必要性がある」と力説した。

井上信治消費者担当相は「被害の未然防止の取り組みを進める」と答えた。

多発する原野商法“二次被害”防げ/安江氏

公明党ニュース:

関連記事

  1. (きょう1日)最後は断じて勝つ/これまで頼んだ人すべてに総当たりし、逆転勝利を!

    (きょう1日)最後は断じて勝つ

  2. 安江氏(右)の勝利へ支援を呼び掛ける山口代表=9日 名古屋市

    経済再生 自公の力で

  3. 32歳。明日への挑戦。|安江のぶお「32歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区候補

    32歳。明日への挑戦。

  4. 魅力溢れる知多半島

    魅力溢れる知多半島

  5. 地元知多市の日長一区の盆踊り大会に参加

  6. 写真は、学生らと語り合う安江

    きょうは「成人の日」

PAGE TOP