多発する原野商法“二次被害”防げ

多発する原野商法“二次被害”防げ/安江氏

安江氏

28日の参院地方創生・消費者問題特別委員会で公明党の安江伸夫氏は、値上がりの見込みのない山林や原野を売りつける「原野商法」に関して、“二次被害”の対策強化を訴えた。

安江氏は、かつて同商法の被害に遭った高齢者が「土地を買い取る」と持ちかけられ、売却額よりも高い新たな山林や原野を購入させられる被害が愛知県などで多発していると指摘。「規制強化を視野に入れながら、適切に対応していく必要性がある」と力説した。

井上信治消費者担当相は「被害の未然防止の取り組みを進める」と答えた。

多発する原野商法“二次被害”防げ/安江氏

公明党ニュース:

関連記事

  1. 参議院文教科学委員会

    参議院文教科学委員会で大学ファンドの創設などについて質問

  2. 初登院をさせていただきました

    初登院をさせていただきました

  3. 愛知県の「地域別就職面接会」

    愛知県の「地域別就職面接会」

  4. 始まりました、ボイスアクション2021

    始まりました、ボイスアクション2021

  5. 東日本大震災から10年

    東日本大震災から10年

  6. 全国をテレビ中継でつないだ青年局長会議であいさつする山口代表=5日 党本部

    若者の声聴き政策実現

PAGE TOP