陸上に駆けた青春

高校時代に陸上競技のリレーでバトンをつなぐ姿

きょうは「体育の日」。暑さも和らぎ、運動に適した季節ですね。この日は、東京オリンピックが開催される2020年から、「スポーツの日」に名称を変更されることが決定しています。

私は小学校から高校まで、陸上競技に明け暮れました。風を切って走る爽快感、記録をかけて自身の壁に挑む姿勢、そしてリレー競技で培った仲間を思い団結する心。どれをとっても、今もかけがえのない青春の一ページとして輝いています。スポーツは、人生をより豊かにし、充実したものにしてくれるのだと実感しています。

また、地域活性化や観光などの観点からも高い波及効果を有しているのがスポーツです。安江のぶおは、2026年に愛知で開催される「アジア競技大会」をはじめ、スポーツ振興に積極的に取り組み、地域経済を大いに盛り上げます!

(写真は、高校時代に陸上競技のリレーでバトンをつなぐ姿)

SNS・メールマガジン

関連記事

  1. ミッドランドスクエア前で里見りゅうじ議員と共に

    ミッドランドスクエア前で初の街頭演説

  2. 名古屋市緑区鳴海駅前での朝街頭

    名古屋市緑区鳴海駅前での朝街頭

  3. 東海市の太田川駅前のソラト太田川で後援会の会合が開催され、皆様に挨拶

    東海市の後援会の会合で皆様にご挨拶

  4. 春日井市の伊藤市長に挨拶させていただきました

    春日井市の伊藤市長に挨拶させていただきました

  5. ツールを無償で提供/LINE社が協力申し出/文科省、浮島副大臣が応対

    いじめ被害救済のためのLINEの活用

  6. 安江のぶおが介護施設を視察した模様

    介護・福祉の現場に希望を

PAGE TOP