「投票価値の平等」重要

参院憲法審、3年ぶり議論/西田氏

参院憲法審、3年ぶり議論/西田氏

参院憲法審査会は28日、2018年2月以来、3年2カ月ぶりに実質的な議論を行い、憲法に関する各党の意見表明で公明党の西田実仁参院会長は、「投票価値の平等」の観点から参院の選挙制度改革の議論を進めていく必要性を強調した。

西田氏は、参院の選挙制度改革に関して、「参院は衆院と同様に全国民の代表であり、憲法が求める投票価値の平等を追求することは当然である。(19年参院選の1票の格差を巡る)昨年の最高裁の合憲判決も、参院のさらなる改革姿勢を前提としたものだ」と述べた。また、衆院で審議中の国民投票法改正案について「早期の成立を図るべきだ」と指摘した。

この日の審査会では、公明党の伊藤孝江、安江伸夫両氏も意見表明した。

「投票価値の平等」重要/参院憲法審、3年ぶり議論/西田氏

公明党ニュース:

関連記事

  1. きょう終戦から76年/記念日前に街頭演説/愛知で伊藤氏ら

    きょう終戦から76年

  2. 旧知を訪ね、北陸の富山、石川

    旧知を訪ね、北陸の富山、石川へ

  3. 愛知1区「くまだ裕通」候補と

  4. 名古屋市内で、学生たちと懇談する安江氏

    勝利へ道を開く 参院選挙区予定候補 私は訴える

  5. (課題解決へ調査活動)(脱炭素化)微生物が調理ごみを分解

  6. Qカレ(学生懇談会)で学生の皆さんと意見交換

    Qカレ(学生懇談会)で学生の皆さんと意見交換

PAGE TOP