「投票価値の平等」重要

参院憲法審、3年ぶり議論/西田氏

参院憲法審、3年ぶり議論/西田氏

参院憲法審査会は28日、2018年2月以来、3年2カ月ぶりに実質的な議論を行い、憲法に関する各党の意見表明で公明党の西田実仁参院会長は、「投票価値の平等」の観点から参院の選挙制度改革の議論を進めていく必要性を強調した。

西田氏は、参院の選挙制度改革に関して、「参院は衆院と同様に全国民の代表であり、憲法が求める投票価値の平等を追求することは当然である。(19年参院選の1票の格差を巡る)昨年の最高裁の合憲判決も、参院のさらなる改革姿勢を前提としたものだ」と述べた。また、衆院で審議中の国民投票法改正案について「早期の成立を図るべきだ」と指摘した。

この日の審査会では、公明党の伊藤孝江、安江伸夫両氏も意見表明した。

「投票価値の平等」重要/参院憲法審、3年ぶり議論/西田氏

公明党ニュース:

関連記事

  1. わが家の同居人「アグレッシブ戸田くん」

  2. フォーラムであいさつする安江氏=6日 名古屋市

    防災意識の向上めざす

  3. 中央幹事会であいさつする山口代表=25日 党本部

    期待に応え、政策を実現

  4. 稲津副大臣(左端)に要望する三浦青年局長(左から3人目)ら=8日 厚労省

    学びの確保、就活支援を

  5. 若者と語り合う安江

    高等教育の無償化が実現へ

  6. 中小企業承継支援さらに/安江氏が愛知の相談窓口を調査

    中小企業 承継支援さらに

PAGE TOP