好感持てる政策が必要

大学院生らと活発に意見交換を行う安江学生局長(左)=18日 札幌市

北大で安江学生局長 投票率向上などで議論

公明党の安江伸夫学生局長(参院議員)は18日、札幌市の北海道大学公共政策大学院で、同大学院の吉田徹教授が担当する「グローバリゼーション研究会」に出席し、今後の政策課題などに関して、大学院生らと活発に意見交換を行った。

この日は、約50人が参加し、「若者の投票率」や「被選挙権年齢の引き下げ」などをテーマに4グループに分かれて議論。安江氏も、各グループのディスカッションに参加した。学生からは「若い世代が好感を持てる政策がなければ、投票率は向上しないのでは」などの意見が上がった。

これに対して安江氏は、「若い人の“生の声”を一つ一つ受け止め、政策実現に全力を尽くす」と決意を述べた。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p42619/

好感持てる政策が必要/投票率向上などで議論/北大で安江学生局長

大学院生らと活発に意見交換を行う安江学生局長(左)=18日 札幌市

関連記事

  1. 台風15号千葉県災害被災者の救援募金

    台風15号千葉県災害被災者の救援募金

  2. 32歳。明日への挑戦。|安江のぶお「32歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区候補

    32歳。明日への挑戦。

  3. 日間賀島をはじめとした離島で暮らす皆さんのため

    日間賀島をはじめとした離島で暮らす皆さんのために

  4. 安江のぶお候補(愛知選挙区)(左)の激戦突破へ強力な支援を訴える斉藤幹事長=18日 愛知・瀬戸市

    猛拡大で逆転勝利を

  5. 東海市の太田川駅前のソラト太田川で後援会の会合が開催され、皆様に挨拶

    東海市の後援会の会合で皆様にご挨拶

  6. あいさつする(左から)伊藤、安江の両氏=8日 愛知・南知多町

    離島の利便性向上へ

PAGE TOP