32歳。明日への挑戦。

32歳。明日への挑戦。|安江のぶお「32歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区候補

これまで県内各地を訪れ、多くの方々とお目にかかる中で、ひときわ印象深く残っているのが、私と同じ青年世代の皆さまの声です。子育てや雇用・賃金の問題、奨学金の返済など、その多くが将来への不安でした。

また、若い世代の中には「自分が投票しようがしまいが、政治なんて変わらないのではないか」という思いを抱いた方がいることも確かです。

先行きが見通せない時代だからこそ、政治家は、明日への夢や希望、理想を語って行動すべきであり、そうした政治家の真剣な姿勢にこそ、皆さまからの信頼が寄せられるのだと確信します。

そのためには、将来の日本を担う「若者の声」が、もっともっと、政治のど真ん中にあってもいいのではないか――。これが、私の真情です。

安江のぶおは、32歳、若者世代の代弁者として、国政の舞台に青年の思いを届け、責任をもってカタチにしてまいります。

(写真は、若者と固い握手を交わす安江)

若者の声を実現する

若者の多様な働き方

大学教育の無償化をめざす

32歳。明日への挑戦。|安江のぶお「32歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区候補

関連記事

  1. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

  2. 「子ども・若者総合相談センター」を視察する安江氏(右から2人目)ら=23日 名古屋市

    若者の自立サポート

  3. 時局講演会で決意を訴える安江氏=20日 名古屋市

    ものづくり 全力で支援

  4. 終戦記念日の街頭演説を行いました

    終戦記念日の街頭演説を行いました

  5. 「ヤング・ジョブ・あいち」を視察する安江(中)、里見(左)の両氏=1月10日 名古屋市

    若者の“働く”を応援する公明党

  6. 路面電車に出会えるのは、東海地方では豊橋だけ

    路面電車に出会えるのは東海地方では豊橋だけ

PAGE TOP