あすは平成最後の日 新時代を開く力に

あすは平成最後の日 新時代を開く力に

あす4月30日、天皇陛下が退位され、「平成」の幕が下ります。
私は現在、31歳になります。これまでの人生のほとんどを「平成」という時代と一緒に歩んできました。

この30年間、阪神・淡路大震災や東日本大震災、熊本地震など、大きな災害が相次ぎました。そうした一方、この国が困難に直面するたびに、ボランティア活動などを通して、被災された方々を懸命に支える姿を目の当たりにしました。「平成」は、人と人との絆の大切さを再認識することができた時代でもあると感じています。

新元号「令和」の典拠となった万葉集には、皇族や貴族だけでなく、防人や農民など、市井に生きる庶民の歌も収録されており、性別、出自、地位など、あらゆる差異を超えて編まれた歌集です。

来る新しい時代に、全ての人々が個性の花を咲き薫らせることができる、希望あふれる日本の未来をつくるため、その原動力となって働いていきたいと決意しています。

すべての人が輝く明日へ 竹中理事長から応援の声

防災・減災を社会の主流に

災害対策に若者の力を結集

あすは平成最後の日 新時代を開く力に

関連記事

  1. 安江のぶお、頑張ります!

    安江のぶお、頑張ります!

  2. 多くが処遇改善を要望/安江氏 福祉・介護政策巡り議論/名古屋のユーストーク

    多くが処遇改善を要望

  3. 「愛知新卒応援ハローワーク」の窓口を視察する(左から)里見、安江両氏=10日 名古屋市

    若者雇用 全力で応援

  4. 愛西、津島と二箇所の支部会

    愛西、津島の支部会に参加

  5. 石井国交大臣の政経セミナーに参加し、ご挨拶させていただきました

    石井国交大臣の政経セミナーに参加

  6. 終戦記念日の街頭演説を行いました

    終戦記念日の街頭演説を行いました

PAGE TOP