災害対策に若者の力を結集

岐阜県関市へ災害直後に駆け付けた模様

伊勢湾台風の襲来から来年9月で60年になります。今、各地で自然災害が相次いでいます。今月6日には北海道胆振東部地震が発生し、甚大な被害が生じました。亡くなられたお一人お一人の冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

復旧作業が続く現地では、高校生や大学生の若い世代がSNSなどで声をかけ合い、ボランティアに駆け付けていると報道されていました。

今年7月の豪雨で被害を受けた岐阜県関市でも、若者がボランティアに参加し、被災地域に貢献しようと真剣に取り組んでいる姿を目の当たりにしました。

安江のぶおは青年世代の代表として、若者の災害ボランティアを支援するとともに、防災・減災対策の推進・強化に全力で挑み、人々のいのちを守っていきます!

(写真は岐阜県関市へ災害直後に駆け付けた模様)

SNS・メールマガジン

関連記事

  1. 名古屋市西区へ

    名古屋市西区の公明党 国政報告会へ

  2. 安江のぶお 著『31歳。明日への挑戦。』

    本日出版「31歳。明日への挑戦。」

  3. 岡崎市議会議員選挙・はたじり宣長候補

    岡崎市議会議員選挙・はたじり宣長候補が走る

  4. 萩生田文科相(右から3人目)に緊急提言を手渡す矢倉委員長と、三浦青年局長(右端)、安江学生局長(右から4人目)ら=19日 文科省

    コロナ禍 奨学金の返還支援

  5. 終戦記念日を前に平和への決意を述べる浜田氏(前列中央)と(前列右から)安江、新妻、伊藤、里見の各氏ら=10日 名古屋市

    今日は終戦記念日。不戦の誓いを一丸と。

  6. 核兵器廃絶へ全力

PAGE TOP