激戦突破へ力強く決意

伊藤県代表(愛知県本部)

参院選、新人候補の必勝訴え
愛知、兵庫、福岡の各県代表

27日の公明党全国県代表協議会では、夏の参院選選挙区で新人予定候補を擁立する愛知、兵庫、福岡の各県本部代表が激戦突破へ決意を述べた。

31歳の青年弁護士、安江のぶお氏を擁立しての戦いとなる定数4の愛知選挙区について、伊藤渉県代表(衆院議員)は、自民現、国民現、立憲新、共産新、無所属現と安江の6人が激しく争う状況だと強調。新たな支持層を切り開き「死力を尽くして戦う」と力説した。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p28015/

伊藤県代表(愛知県本部)

関連記事

  1. 安江のぶお【絆 ~大切な皆さんとの思い出~】 Vol.6

    安江のぶお【絆 ~大切な皆さんとの思い出~】 Vol.6

  2. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

  3. 東海ラジオ「安江のぶおのスマイルがいっぱい」

    バレンタインデーの思い出と奨学金を借りる際の注意について〜東…

  4. 東海ラジオ「安江のぶおのスマイルがいっぱい」

    職場での各種ハラスメントに対処するためのアドバイス〜東海ラジ…

  5. NPO法人PADM代表の織田友理子さんと

    NPO法人PADM代表の織田友理子さんと

  6. 安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

    2019年 参院選に挑む各選挙区の党予定候補(中)

PAGE TOP