父から学んだこと

父と幼い私

皆さん、今年の「父の日」がいつか、ご存じですか?

ある会社が昨年行った調査によると、「父の日」の正確な日付を知っていると回答した人は18.5%で、「母の日」の正確な日付を知っていると答えた人(26.2%)を下回ったそうです。
「母の日」に比べ「父の日」は、どことなく影が薄いのかもしれません。

商社に勤めていた私の父は、毎日夜遅くまで仕事をする日々を送っていたため、平日は話をすることはおろか、顔を見る機会も多くありませんでした。母に比べて“いつも家に居ない”というのが、父に抱いていた印象でした。

それでも、たまの休日にはキャッチボールなどをして、一緒に遊んでくれました。きっと、子どもたちに寂しい思いをさせまいと、努力してくれていたのだと感じます。
見えないところで黙々と奮闘し、家族を支え続けてくれる父の存在は、私の“目標”です。

今年の父の日は、6月16日。心からの「ありがとう」を伝える、絶好の機会にしていきたいです。

(写真は、父と幼い私)

もうすぐ「母の日」

愛知生まれ、愛知育ち

敬老の日に感謝を込めて

父と幼い私

関連記事

  1. 「戦争のない世界の実現に全力を挙げる」と力説する安江氏(前列中央)と(前列左から)里見、新妻、魚住の各氏ら=11日 名古屋市

    平和構築へ誓い新たに

  2. 南知多町にご挨拶

    南知多町にご挨拶

  3. 新年の決意を述べる伊藤県代表(前列中央左)と、新妻(左隣)、安江(右隣)、里見(前列右から2人目)の各氏ら=2日 名古屋市

    小さな声生かす政治貫く

  4. 学生の質問に答え懇談する安江学生局長(手前左から2人目)=28日 衆院第2議員会館

    学生の多様な意見聴く

  5. 初当選から早一年

    初当選から早一年

  6. 若者と語り合う安江

    アースデー 地球環境を守る

PAGE TOP