父から学んだこと

父と幼い私

皆さん、今年の「父の日」がいつか、ご存じですか?

ある会社が昨年行った調査によると、「父の日」の正確な日付を知っていると回答した人は18.5%で、「母の日」の正確な日付を知っていると答えた人(26.2%)を下回ったそうです。
「母の日」に比べ「父の日」は、どことなく影が薄いのかもしれません。

商社に勤めていた私の父は、毎日夜遅くまで仕事をする日々を送っていたため、平日は話をすることはおろか、顔を見る機会も多くありませんでした。母に比べて“いつも家に居ない”というのが、父に抱いていた印象でした。

それでも、たまの休日にはキャッチボールなどをして、一緒に遊んでくれました。きっと、子どもたちに寂しい思いをさせまいと、努力してくれていたのだと感じます。
見えないところで黙々と奮闘し、家族を支え続けてくれる父の存在は、私の“目標”です。

今年の父の日は、6月16日。心からの「ありがとう」を伝える、絶好の機会にしていきたいです。

(写真は、父と幼い私)

もうすぐ「母の日」

愛知生まれ、愛知育ち

敬老の日に感謝を込めて

父と幼い私

関連記事

  1. 大村知事(中央右)にアンケート結果を伝える安江氏(左隣)、さわだ市議(左端)ら=18日 名古屋市

    1万件超 若者の声 届ける

  2. 東海市の太田川駅前のソラト太田川で後援会の会合が開催され、皆様に挨拶

    東海市の後援会の会合で皆様にご挨拶

  3. 中小企業承継支援さらに/安江氏が愛知の相談窓口を調査

    事業承継の支援強化に尽力して参ります!

  4. 南知多町にご挨拶

    南知多町にご挨拶

  5. 国政報告会であいさつする魚住(左)、安江氏=15日 名古屋市

    生命守る政治 今こそ

  6. 安心の社会保障を構築/幼児、高等教育の無償化力説/愛知の交歓会で山口代表

    公明党愛知県本部の賀詞交換会が開催され、決意を述べさせていた…

PAGE TOP