父から学んだこと

父と幼い私

皆さん、今年の「父の日」がいつか、ご存じですか?

ある会社が昨年行った調査によると、「父の日」の正確な日付を知っていると回答した人は18.5%で、「母の日」の正確な日付を知っていると答えた人(26.2%)を下回ったそうです。
「母の日」に比べ「父の日」は、どことなく影が薄いのかもしれません。

商社に勤めていた私の父は、毎日夜遅くまで仕事をする日々を送っていたため、平日は話をすることはおろか、顔を見る機会も多くありませんでした。母に比べて“いつも家に居ない”というのが、父に抱いていた印象でした。

それでも、たまの休日にはキャッチボールなどをして、一緒に遊んでくれました。きっと、子どもたちに寂しい思いをさせまいと、努力してくれていたのだと感じます。
見えないところで黙々と奮闘し、家族を支え続けてくれる父の存在は、私の“目標”です。

今年の父の日は、6月16日。心からの「ありがとう」を伝える、絶好の機会にしていきたいです。

(写真は、父と幼い私)

もうすぐ「母の日」

愛知生まれ、愛知育ち

敬老の日に感謝を込めて

父と幼い私

関連記事

  1. 「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

    参院選 予定候補、活発に活動

  2. 中部国際空港の第2ターミナル

    中部国際空港の第2ターミナルに期待

  3. 知多市産業まつりの開会式に参加

    知多市産業まつりの開会式に参加

  4. 円滑な実施へ皆で協力/ワクチン接種対策本部が会合/党愛知県本部

    円滑な実施へ皆で協力

  5. 7月5日(金)街頭演説会スケジュール

    7月5日(金)街頭演説会スケジュール

  6. 公明党三重県本部の夏季議員研修会に参加

PAGE TOP