愛知を防災モデル都市に

減災館を視察する安江と公明党議員

平成は大規模災害が相次ぎました。その教訓を新しい時代「令和」に生かそうと、公明党は防災・減災を「政治の主流」と位置づけています。

特に愛知県は、南海トラフ巨大地震により死者約2万9000人、建物被害約38万2000棟と甚大な被害が及ぶことが予測されています。津波が及ぶ範囲などを予測する地図「ハザードマップ」の普及など、皆さまの命を守るため、直ちに対策を進めなければいけません。

安江は名古屋大学減災連携研究センターの減災館を訪れ、福和伸夫センター長から地震と津波の怖さ、事前の備えの重要性について話を聞くなど、積極的に防災・減災の課題を学んできました。「愛知を防災モデル都市に」と固く誓い、災害に強いまちづくりを安江がリードしていきます!

(写真は、減災館を視察する安江と公明党議員)

名古屋大学・福和教授との語らい

災害対策に若者の力を結集

防災・減災を社会の主流に

減災館を視察する安江と公明党議員

関連記事

  1. 地元知多市の日長三区の盆踊り大会に参加

    地元知多市の日長三区の盆踊り大会に参加

  2. 岐阜県美濃加茂市の公明党支部会に参加

    岐阜県美濃加茂市の公明党支部会に参加

  3. 家族の介護で休みやすく/コロナ禍で特別の有休取得させた中小に助成

    家族の介護で休みやすく

  4. 社会保障の充実進める/党三重県本部の集いで訴え/伊藤、里見、新妻、安江の各氏

    社会保障の充実進める

  5. 東海ラジオの番組に安江氏が新コーナー

  6. 拙著『31歳。明日への挑戦。』

    拙著『31歳。明日への挑戦。』の反響に感謝

PAGE TOP