愛知を防災モデル都市に

減災館を視察する安江と公明党議員

平成は大規模災害が相次ぎました。その教訓を新しい時代「令和」に生かそうと、公明党は防災・減災を「政治の主流」と位置づけています。

特に愛知県は、南海トラフ巨大地震により死者約2万9000人、建物被害約38万2000棟と甚大な被害が及ぶことが予測されています。津波が及ぶ範囲などを予測する地図「ハザードマップ」の普及など、皆さまの命を守るため、直ちに対策を進めなければいけません。

安江は名古屋大学減災連携研究センターの減災館を訪れ、福和伸夫センター長から地震と津波の怖さ、事前の備えの重要性について話を聞くなど、積極的に防災・減災の課題を学んできました。「愛知を防災モデル都市に」と固く誓い、災害に強いまちづくりを安江がリードしていきます!

(写真は、減災館を視察する安江と公明党議員)

名古屋大学・福和教授との語らい

災害対策に若者の力を結集

防災・減災を社会の主流に

減災館を視察する安江と公明党議員

関連記事

  1. 公明党愛知県本部で各種団体との懇談会

  2. 「学生の声を国政に届けるのが使命だ」と強調する安江学生局長

    若者の声をカタチに!

  3. 岡明彦愛知県会議員を応援する会に参加

    岡明彦愛知県会議員を応援する会に参加

  4. そぶえイチョウ黄葉まつり

    そぶえイチョウ黄葉まつりのライトアップ

  5. 安江氏(右から2人目)への絶大な支援を訴える菅官房長官(左隣)と石井国交相(左端)、大村県知事=19日 名古屋市

    自公政権で政治は安定

  6. 愛西、津島と二箇所の支部会

    愛西、津島の支部会に参加

PAGE TOP