愛知を防災モデル都市に

減災館を視察する安江と公明党議員

平成は大規模災害が相次ぎました。その教訓を新しい時代「令和」に生かそうと、公明党は防災・減災を「政治の主流」と位置づけています。

特に愛知県は、南海トラフ巨大地震により死者約2万9000人、建物被害約38万2000棟と甚大な被害が及ぶことが予測されています。津波が及ぶ範囲などを予測する地図「ハザードマップ」の普及など、皆さまの命を守るため、直ちに対策を進めなければいけません。

安江は名古屋大学減災連携研究センターの減災館を訪れ、福和伸夫センター長から地震と津波の怖さ、事前の備えの重要性について話を聞くなど、積極的に防災・減災の課題を学んできました。「愛知を防災モデル都市に」と固く誓い、災害に強いまちづくりを安江がリードしていきます!

(写真は、減災館を視察する安江と公明党議員)

名古屋大学・福和教授との語らい

災害対策に若者の力を結集

防災・減災を社会の主流に

減災館を視察する安江と公明党議員

関連記事

  1. 西日本豪雨の被災者支援のための募金活動

  2. 【安江のぶおが語る】私の志(栄・街頭演説会)

    安江のぶおの志(栄・街頭演説会)

  3. 本日のYASU-RUNの様子です!

    3月18日(月)のYASU-RUNの様子です!

  4. 公明副大臣が主査務める厚労省「生活を守る」PTの活躍を追う

  5. 愛知で安江氏ら

    働く現場の思い届ける 介護職など改善へ懇談会

  6. 「ヤング・ジョブ・あいち」を視察する(手前左から)里見、安江の両氏ら=14日 名古屋市

    40代半ばの就労サポート

PAGE TOP