男性の育児休業取得を後押し

職種別懇談会で交流を深めた青年たち

4月1日から、公明党が強く推進してきた「働き方改革関連法」が施行され、「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」を見直そうとする流れが活発になっています。昨年9月から行った党愛知県本部青年局の政策アンケート「愛知・明日へ・アクション」の中でも、若者の関心を特に集めたのが「育児と仕事の両立ができる働き方改革」でした。

共働きの夫婦が1200万世帯を超えた今、求められるのは父親の育児参加です。一方で、この10年の男性の育児休業取得率は「職場の雰囲気」や「人手不足」などを理由に5%と低いまま。男性が育児休業を取得しやすくするためには、もっと自治体や企業と連携して機運を高めていく必要があります。

安江は、イクメン世代の代弁者として、育児と仕事を両立しやすい社会づくりに全力で取り組みます!

(写真は、職種別懇談会で交流を深めた青年たち)

職種別懇談会を開催しました

若者の声を実現する

若者の多様な働き方

職種別懇談会で交流を深めた青年たち

関連記事

  1. 党勢拡大へ着実に行動

  2. 党学生局の政策提言 若者が活躍する社会へ/大学院生の奨学金返還免除の拡充を/就活セクハラ対策など要望

    党学生局の政策提言 若者が活躍する社会へ

  3. 稲津副大臣(左端)に要望する党青年局と学生局のメンバーら=8日 厚労省

    新型コロナ 就職・求職の不安軽く

  4. 写真は、学生らと語り合う安江

    きょうは「成人の日」

  5. 日本司法書士政治連盟愛知会の船橋会長、小塚幹事長

    日本司法書士政治連盟愛知会、社労士会政治連盟へのご挨拶

  6. 少年少女空手道競技大会に

    少年少女空手道競技大会で感動しました

PAGE TOP