(公明新聞拡大)毎日がチャンス

機関紙購読推進委員会を開く
党愛知県本部

公明党愛知県本部(代表=伊藤渉衆院議員)は先ごろ、機関紙購読推進委員会をオンラインで開催した。伊藤県代表のほか、里見りゅうじ県代表代行(参院選予定候補=愛知選挙区)、新妻秀規、安江伸夫両県副代表の各参院議員が同席した。

冒頭、木下優・県機関紙推進委員長(名古屋市議)があいさつ。市民相談や朝のラジオ体操などを通じて、19年間で5000部超を拡大してきたことを紹介し、「一日一日が購読推進のチャンス。公明新聞の拡大でさらなる党勢拡大に挑みたい」と決意を述べた。

谷平敬子・岩倉市議、鳥居美和・武豊町議が機関紙拡大の取り組みについて報告。谷平市議は「粘り強く党の味方を増やしていきたい」と語り、鳥居町議は「引き続き公明新聞の魅力を伝え、購読拡大に取り組む」と語った。

伊藤県代表は「議員が先頭に立って戦おう」と呼び掛けた。

(公明新聞拡大)毎日がチャンス/機関紙購読推進委員会を開く/党愛知県本部

公明党ニュース:

関連記事

  1. 「ボイスアクション2022」が始動

    「ボイスアクション2022」が始動

  2. 知多市の梅の名所・佐布里池

    梅のシーズンには知多市の佐布里池に

  3. 安江のぶお候補(愛知選挙区)(右)の必勝を訴える石井国交相=12日 名古屋市

    希望ある幸齢社会に

  4. 7/14(日)の動きをまとめたショートムービー

    7月14日(日)まとめショートムービー

  5. (参院選トピックス)「介護の現場に希望を」/安江候補、政策の原点は家族/名古屋市

    (参院選トピックス)「介護の現場に希望を」

  6. 「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

    党青年委、若い世代の政治参加を推進

PAGE TOP