中小企業の活性化で日本を元気に

中小企業経営者の声を聴く安江

私は弁護士として、これまで中小企業の事業再生に携わるなど、経営者の方々の悩みに寄り添い、現場の声を真剣に聴いて、課題の解決に奔走してきました。

先日、ものづくり産業に携わる方から「ものづくり補助金」の使い勝手をよくしてほしいとの要望を受け、早速、中小企業庁の担当課長に直談判を。その後、「ものづくり補助金」の使い勝手が大きく改善され、一人の声から国を動かすことができました。

ものづくりの集積地である愛知には、数多くの中小企業があります。だからこそ、事業承継の促進や外国人労働者の受け入れを支援することで、多様な働き手を担う中小企業の活性化をめざし、愛知から日本を元気にしていきます。

(写真は、中小企業経営者の声を聴く安江)

中小企業の可能性を未来へ 事業承継を支援

ものづくり補助金 使いやすく

安心の社会保障を構築

若者の多様な働き方

現場でいただいた声を中小企業庁に要望として提出

中小企業経営者の声を聴く安江

関連記事

  1. 公明党認知症施策推進本部の視察で三重県松阪市に

  2. 「きずなフェス」6月23日(日)16時開催

    「きずなフェス」6月23日(日)16時開催

  3. 東浦町の公明党支部会に参加

    東浦町の公明党支部会に参加

  4. 若者と共に歩んだ1年

  5. 社会福祉法人・日本介助犬協会専務理事の髙栁友子さんと、安江のぶお氏(公明党参院選予定候補=愛知選挙区)

    介助犬への理解広げよう

  6. 来夏の参院選への決意を述べる安江氏(中央)と、伊藤(左隣)、里見(右隣)の両氏ら=4日 名古屋市

    公明は暮らしに密着

PAGE TOP