(石井国交相に要望)災害リスク低減へ社会資本整備推進

自公の愛知県議団

石井啓一国土交通相(公明党)は7月31日、国交省で自民、公明両党の愛知県議団から、災害リスクの低減に向けた社会資本整備の推進などに関して要望を受けた【写真】。

これには、公明党の伊藤渉衆院議員、新妻秀規、安江伸夫の両参院議員が同席した。

席上、県議らは、産業集積地である愛知県の重要性を訴え、物流の効率化や河川などの防災・減災対策に対する予算確保を求めた。

これに対し、石井国交相は「しっかり取り組んでいく」と答えた。

一行はその後、財務省で麻生太郎財務相にも同様の要望を行った。

公明党ニュース

(石井国交相に要望)災害リスク低減へ社会資本整備推進/自公の愛知県議団

関連記事

  1. 街頭演説を行う安江(中)、伊藤(右)、里見の3氏=22日 名古屋市

    青年の力で新時代開く

  2. 「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

    参院選 予定候補、活発に活動

  3. 中小企業承継支援さらに/安江氏が愛知の相談窓口を調査

    中小企業 承継支援さらに

  4. 残り3日。安江のぶお

    安江のぶお、残り3日。誓う、絶対勝利を。

  5. 岐阜県関市へ災害直後に駆け付けた模様

    災害対策に若者の力を結集

  6. 「子ども・若者総合相談センター」を視察する安江氏(右から2人目)ら=23日 名古屋市

    若者の自立サポート

PAGE TOP