修学断念防止へ給付急務

修学断念防止へ給付急務/スクールソーシャルワーカーを活用し虐待から子ども守れ/参院決算委で安江、宮崎氏

スクールソーシャルワーカーを活用し 虐待から子ども守れ
参院決算委で安江、宮崎氏

18日の参院決算委員会で公明党の安江伸夫、宮崎勝の両氏は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、経済的に困窮する学生への支援などについて質問した。

安江氏は、困窮学生の多くが高等教育無償化などの制度を活用しているものの「それでも足りず、修学を断念せざるを得ない状況だ」と主張。公明党が訴える困窮学生への現金給付を急ぐよう求めた。萩生田光一文科相は「迅速な対応をお約束したい」と応じた。併せて安江氏は、大学院生や通信教育の学生、外国人留学生なども漏れなく支援していくよう求めた。

また安江氏は、就職活動に関して、説明会や面接などの中止で不安を抱く学生が多いとして、「オンライン面接への設備拡充を支援するなど重層的な支援を」と訴えた。文科省側は「企業などに対して、最大限、柔軟な採用活動を要請している」と答弁した。

宮崎氏は、感染拡大で家計が急変する家庭が増加する中、虐待や貧困から子どもを守るため、課題に応じて家庭や学校、福祉との連携を支援するスクールソーシャルワーカー(SSW)の積極的な活用を求めた。

宮崎氏は、SSWについて、政府が全中学校区への配置を目標としているものの「実際の配置状況は都道府県によって大きく異なる」と指摘。SSWの多くが非正規雇用であるとし、積極的な活用へ「職場環境や待遇の改善に取り組む必要がある」と訴えた。萩生田文科相は、配置時間の充実に努める考えを示した。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/98313/

修学断念防止へ給付急務/スクールソーシャルワーカーを活用し虐待から子ども守れ/参院決算委で安江、宮崎氏

修学断念防止へ給付急務/スクールソーシャルワーカーを活用し虐待から子ども守れ/参院決算委で安江、宮崎氏

関連記事

  1. 政府へ党学生局 大学院生の支援など提言

    教育費負担 軽減さらに

  2. 安江のぶおのスマイルがいっぱい

    東海ラジオ「安江のぶおのスマイルがいっぱい」の3回目の放送が…

  3. 「ヤング・ジョブ・あいち」を視察する安江(中)、里見(左)の両氏=1月10日 名古屋市

    若者の“働く”を応援する公明党

  4. 稲津副大臣(左端)に要望する三浦青年局長(左から3人目)ら=8日 厚労省

    学びの確保、就活支援を

  5. (KOMEI@「何でも調査班」)党青年委がオンラインで懇談/活発にユーストーク/連休含む16日間で46回開催

    党青年委 オンラインで懇談

  6. 名古屋中国春節祭に参加

    名古屋中国春節祭に参加

PAGE TOP