参院選 予定候補、活発に活動

「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

安江氏が若者議会について聞く
愛知・新城市

10代・20代が事業提案

公明党の安江のぶお青年局次長(参院選予定候補=愛知選挙区)はこのほど、愛知県新城市を訪れ、10代、20代の若者が市の事業を提案する「若者議会」の取り組みについて調査した。鈴木長良市議が同行した。

同市は2015年4月、日本初の若者条例・若者議会条例に基づき、「若者議会」を設置した。毎年公募により選考された、おおむね16~29歳の若者20人が若者議会委員に就任し、任期1年の中で議論を進め、政策を提案する。同議会は年間1000万円の予算提案権を持ち、提案が市議会に承認されれば市の事業として実施される。これまでに図書館の改修(多目的スペースの増設など)をはじめ多くの提案が実現している。

市担当者は「若者の力をまちづくりに生かすことが重要。若者議会を全国につくってほしい」と話した。これに対し、安江氏は「国会・地方議員と連携し、若者の声を社会に反映できる仕組みづくりをめざす」と述べた。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p27720/

「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

関連記事

  1. 新春街頭で演説する模様

    決戦の年に勝利を誓う

  2. YouTube「安江のぶお物語」安江のぶおの半生が映像化

    YouTube「安江のぶお物語」半生が映像になりました

  3. ラジオ「教えて!安江弁護士!」4回目、最後の放送です

    ラジオ「教えて!安江弁護士!」最終回(4回目)の放送です

  4. 職種別懇談会で交流を深めた青年たち

    男性の育児休業取得を後押し

  5. 寮生時代の仲間

    10人部屋の寮で鍛え抜いた青春

  6. 豚コレラの感染拡大防止に向けて党農水部会と合同で開いた党対策本部の初会合=21日 衆院第1議員会館

    感染拡大防止に万全期す

PAGE TOP