参院選 予定候補、活発に活動

「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

安江氏が若者議会について聞く
愛知・新城市

10代・20代が事業提案

公明党の安江のぶお青年局次長(参院選予定候補=愛知選挙区)はこのほど、愛知県新城市を訪れ、10代、20代の若者が市の事業を提案する「若者議会」の取り組みについて調査した。鈴木長良市議が同行した。

同市は2015年4月、日本初の若者条例・若者議会条例に基づき、「若者議会」を設置した。毎年公募により選考された、おおむね16~29歳の若者20人が若者議会委員に就任し、任期1年の中で議論を進め、政策を提案する。同議会は年間1000万円の予算提案権を持ち、提案が市議会に承認されれば市の事業として実施される。これまでに図書館の改修(多目的スペースの増設など)をはじめ多くの提案が実現している。

市担当者は「若者の力をまちづくりに生かすことが重要。若者議会を全国につくってほしい」と話した。これに対し、安江氏は「国会・地方議員と連携し、若者の声を社会に反映できる仕組みづくりをめざす」と述べた。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p27720/

KOMEI@「何でも調査班」党青年委、若い世代の政治参加を推進

「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

関連記事

  1. わが家の同居人「アグレッシブ戸田くん」

  2. 中小企業経営者の声を聴く安江

    中小企業の可能性を未来へ 事業承継を支援

  3. 2回目のYASU-RUN

    2回目のYASU-RUN「私と一緒に歩きませんか?」

  4. 安江のぶお候補(愛知選挙区)への支援を訴える斉藤幹事長、大村知事=13日 愛知・知多市

    “生活者目線”貫く公明

  5. 安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

    参院選で第1次公認

  6. 森田実先生と安江

    森田実先生との出会い

PAGE TOP