小中学校の教室にエアコン設置

国政報告会で子どもと握手する安江

昨年の夏は、“災害級”とも言える暑さが日本列島を襲いました。連日のように「危険な暑さ」「猛烈な暑さ」と報道され、最高気温が体温を超す日も多く、熱中症などで救急搬送される人が後を絶ちませんでした。

そのような中、国は昨年11月、公立小中学校の全ての普通教室へのエアコン設置費用を補正予算に計上しました。公明党の長年の主張が実り、この夏までの設置に向けて各自治体で取り組みが進められています。

愛知県では、県立の特別支援学校全ての普通教室・特別教室にエアコン設置が進められ、2020年度の夏までに完了する見込みです。これは、春日井市選出の市川ひでお県議が県民から相談を受けて、議会で粘り強く訴えて実現したものです。

安江は、未来を担う子どもたちが、安全・安心に教育を受けられる環境整備に全力を挙げます。

(写真は、国政報告会で子どもと握手する安江)

子どもの未来を守る

子育てしやすい社会への挑戦

水谷先生との出会い

国政報告会で子どもと握手する安江

関連記事

  1. 若者と語り合う安江

    アースデー 地球環境を守る

  2. 西日本豪雨の被災者支援のための募金活動

  3. 祖父母と安江のぶお

    敬老の日に感謝を込めて

  4. あいち健康プラザで

    健康な生活を送れる社会を築くために

  5. 党愛知県本部の賀詞交歓会であいさつする山口代表と、安江(左)、新妻の両氏=4日 名古屋市

    安心の社会保障を構築

  6. 「戦争のない世界の実現に全力を挙げる」と力説する安江氏(前列中央)と(前列左から)里見、新妻、魚住の各氏ら=11日 名古屋市

    平和構築へ誓い新たに

PAGE TOP