がん教育、講師に医師や経験者を

がん教育、講師に医師や経験者を/文科省が都道府県教委などへ通知/協議会開き活用さらに

文科省が都道府県教委などへ通知
協議会開き活用さらに

2人に1人が一生のうちに罹患し、国内における死因第1位であるがん。その正しい知識を学校で子どもたちに身に付けてもらう「がん教育」の充実へ、文部科学省は医師やがん経験者ら外部講師の活用を促す通知(1月19日付)を都道府県・政令指定都市教育委員会などに発出した。外部講師活用の現状について解説する。

学校におけるがん教育には、子どもたちに「がんを正しく理解してもらう」「健康と命の大切さについて主体的に考えてもらう」という大きく二つの目的がある。

中学校と高校の新たな学習指導要領に盛り込まれたことで、中学では2021年度から、高校では22年度から全面実施されるようになった。小学校でも、児童の発達段階や学校の実情に応じて展開。▽がんとは、どのような病気か▽検診で早期発見する重要性▽患者への偏見軽減や理解増進――などを学んでいる。

■小中高の11%

内容の充実には専門知識を持つ医師や、実体験に基づいた話ができるがん患者・経験者ら外部講師の活用が重要になるが、文科省が公表した調査結果によると、22年度に外部講師を活用してがん教育を実施した学校は、全国で小学校が9・5%、中学校が14・7%、高校が11・7%で、全体では計11・4%にとどまった。昨年度の計8・4%から微増しているものの、思うように進んでいない。

外部講師を活用しなかった理由としては「教師が指導したため」(63・2%)が最多で、「指導時間が確保できなかった」(25・3%)、「適当な講師がいなかった」(8・0%)が続く。

■派遣依頼の窓口設置など要請

こうした点を踏まえ文科省が出した通知では、都道府県・政令指定都市教育委員会に対して、衛生主管部局と連携してがん教育の推進に関する協議会を開催し、外部講師の活用を推進するように要請。具体的な検討事項として、外部講師名簿の作成や学校側が派遣を依頼できる窓口の設置、研修の実施などを挙げた。

さらに、文科省は、日本医師会に対しても外部講師の活用に協力を求める通知を発出。厚生労働省も、各衛生主管部局に同様の通知を出した。

今後、これらの通知を各自治体でどう受け止めて、取り組みを進めていくかが重要になる。公明党文科部会の浮島智子部会長(衆院議員)は「全国の地方議員と連携して、各地の取り組みをさらに後押ししていきたい」と意欲を語る。

■地方議会での議論に期待/安江伸夫文科政務官(公明党)

がん教育に際して、専門家である医師や、がんと向き合う当事者を外部講師として活用することは、正しい知識や共感的理解を深める上で大変に有意義だ。裾野を広げていきたいとの問題意識が、今回の通知の発出につながった。

外部講師の活用を促進するためには、教育委員会や衛生主管部局、医師会、がん患者団体など、さまざまな関係者の協力が不可欠となる。各地方議会でも活発に議論し、実施・充実の機運を高めていただきたい。

文科省としても「がん教育シンポジウム」の開催などを通じて、外部講師活用の好事例の横展開に努めてきた。講師派遣にかかる経費などを支援する事業も実施しており、2024年度予算案には23年度比で1200万円増となる4400万円を計上した。成立後はぜひ、各自治体で活用を進めてもらいたい。

今後も、各地の取り組みを支援するとともに、外部講師の指導力アップに資する研修会の開催などを通じて、がん教育の充実を進めていく。

■公明が強力に推進/国の基本計画に明記

公明党は、がん教育の重要性にいち早く着目し、国会質問などを通じて第2期がん対策推進基本計画(12~16年度)に「がんの教育・普及啓発」を初めて盛り込ませるなど、強力に推進。

外部講師の活用に関しても繰り返し訴えた結果、第3期同計画(17~22年度)では「国は地域の実情に応じて、外部講師の活用体制を整備し、がん教育の充実に努める」と明記された。23年度から始まった第4期同計画においても、「医師、がん患者・経験者等の外部講師を活用しながら、がん教育が実施されるよう、必要な支援を行う」と記載されている。

一方、地方議会では、各地の実情に応じた形でがん教育の開催・充実をリードしている。

がん教育、講師に医師や経験者を/文科省が都道府県教委などへ通知/協議会開き活用さらに

公明党ニュース:

関連記事

  1. 安江氏(左)の後援会設立総会であいさつする魚住氏=3日 名古屋市

    愛知が経済発展リードを

  2. 安江学生局長の投稿

    党青年委 公式ブログが充実

  3. 名古屋市中村区の街頭にてご挨拶

    名古屋市中村区の街頭にてご挨拶

  4. 党愛知県本部の賀詞交歓会であいさつする山口代表=3日 名古屋市

    新型肺炎 収束へ全力

  5. 豊橋市内のワクチン接種会場を視察

    豊橋市内のワクチン接種会場を根本ゆきのり衆議院議員と視察

  6. 全国消防操法大会出場団壮行会に参加

    全国消防操法大会出場団壮行会に参加

PAGE TOP