参議院文教科学委員会で大学ファンドの創設などについて質問

参議院文教科学委員会

参議院文教科学委員会

国立研究開発法人科学技術振興機構法の一部を改正する法律案について、公明会派を代表し、質問に立たせていただきました。

○大学ファンドの創設趣旨
○総合パッケージとの関係性
○JSTによる資金運用のガバナンスの在り方

について取り上げました。

昨今の日本の大学の研究力の相対的低下に対し、国が責任をもって対応していくことが求められています。
そこで、研究環境の充実をはかるため、この度、大学ファンドを創設することとなりました。本改正は、その整備の端緒となるものです。

国として、トップを育成することは勿論大事です。しかし、研究力を強化することは、広くいえば、研究は人類共通の利益に繋がり、また、個々の研究者の知の探究の実現にも資するという観点を大事にしていかなければならないと考えます。

併せて、基盤的経費の拡充や競争的資金の在り方の見直しも重要です。総合的な大学改革を引き続き後押しして参ります。

参議院文教科学委員会 参議院文教科学委員会 参議院文教科学委員会

関連記事

  1. 若者の活躍を全力サポート

  2. 遠山副大臣(中央)に支援を要望する(右から)三浦、安江氏ら=9月9日 財務省

    若手研究者を支援

  3. 名古屋市西区の公明党支部会に参加

    名古屋市西区の公明党支部会に参加

  4. 初登院をさせていただきました

    初登院をさせていただきました

  5. 「ヤング・ジョブ・あいち」を視察する(手前左から)里見、安江の両氏ら=14日 名古屋市

    40代半ばの就労サポート

  6. 子育てに励む母親と懇談する安江

    子育てしやすい社会への挑戦

PAGE TOP