(委員会質疑から)学生の自殺対策急げ

(委員会質疑から)学生の自殺対策急げ/就職活動支援を/佐々木、安江氏

就職活動支援を/佐々木、安江氏

16日の参院文教科学委員会で公明党の佐々木さやか氏と安江伸夫氏は、コロナ禍の影響を踏まえた学生らの自殺防止対策や、就職活動への支援強化を訴えた。

佐々木氏は、児童生徒や学生の自殺者が増えていることに触れ、相談しやすい環境づくりの必要性を力説。その上で、高校・大学生に比べ、国立高等専門学校生の自殺率が約2倍になるとして「早急に対応する必要がある」と促した。

萩生田光一文部科学相は「重く受け止めている。(高専生に)寄り添って悩みに応えられる体制をさらに強化したい」と応じた。

安江氏は、感染拡大の影響で大学在学中に就職先が決まらずに卒業し、孤立感を深める実態もあると指摘。「大学とも連携し、寄り添い型の支援体制を強化すべきだ」と求めた。文科省側は、大学側と協力し、きめ細かく対応すると答えた。

(委員会質疑から)学生の自殺対策急げ/就職活動支援を/佐々木、安江氏
公明党ニュース:

関連記事

  1. 日本司法書士政治連盟愛知会の船橋会長、小塚幹事長

    日本司法書士政治連盟愛知会、社労士会政治連盟へのご挨拶

  2. 若者の声を実現する

    若者の声を実現する

  3. 新城市議の鈴木長良さん

    新城市で行われた党支部会に出席

  4. 東海ラジオの番組に安江氏が新コーナー

  5. (参院選公示)政治の安定に公明の力/“国民の声”聴く実践さらに/山口代表が兵庫で第一声、社会保障充実へ道開く

    (参院選公示)政治の安定に公明の力

  6. (KOMEI@「何でも調査班」)党青年委がツイッターで活動ア…

PAGE TOP