若者の声をカタチに

(党県青年局がユーストーク)/宮城県

党県青年局がユーストーク

宮城県

公明党の安江伸夫学生局長(参院議員)は1日、党宮城県本部青年局(局長=遠藤伸幸県議)が主催したオンラインでの「ユーストークミーティング」に出席し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、仕事上などでの悩みや要望を聴いた。遠藤県青年局長と県内在住の青年党員ら9人が参加した【写真】。

児童相談所に勤務する男性は「保護者が陽性で、自身が陰性となった子どもを預かった場合の対応が心配」と発言。保育士の女性は「感染リスク軽減へ、やむを得ない家庭を除いた登園の自粛を働き掛けてほしい」と訴えた。

安江局長は「皆さんの声を政治に反映するため、党青年委員会として全力で取り組む」と応じた。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p95726/

(党県青年局がユーストーク)/宮城県党宮城県本部青年局(局長=遠藤伸幸県議)

関連記事

  1. 今後の活動を協議

  2. Aichi Asue Actionのアンケート

    アンケートの締め切りは11月18日です

  3. 豊橋の公明党支部会で国政報告

    尾張旭市の公明党支部会でご挨拶/豊橋で国政報告

  4. 東海ラジオの番組に安江氏が新コーナー

  5. 名古屋市内で、学生たちと懇談する安江氏

    勝利へ道を開く 参院選挙区予定候補 私は訴える

  6. 学生目線で政策に反映/名古屋市で「Qカレ」/安江局長

    学生目線 政策に反映

PAGE TOP