治水対策進め、人命守る

党愛知県本部の政経セミナーであいさつする石井国土交通相(中)と、安江(左)、新妻両氏=3日 名古屋市

石井国交相 愛知のセミナーで力説
安江、新妻氏も決意

党愛知県本部の政経セミナーであいさつする石井国土交通相(中)と、安江(左)、新妻両氏=3日 名古屋市

石井啓一国土交通相(公明党)は3日、党愛知県本部(代表=伊藤渉衆院議員)が名古屋市で開催した政経セミナーに出席し、災害対策などについて講演した。安江のぶお党青年局次長(参院選予定候補=愛知選挙区)、新妻ひでき参院議員(同=比例区)もあいさつした。

石井国交相は、県内で進めている水害対策として、名古屋駅周辺の雨水貯留施設整備や矢作ダムの再生事業などを紹介。2000年の東海豪雨や先の7月豪雨に言及し「被害を抑え、人命を守るための治水対策に全力を挙げる」と述べた。

このほか、国内有数の産業港である名古屋港や道路の整備について「県と連携しながら着実に進める」と語った。

安江氏は「青年世代の代表として、希望ある未来を切り開く」と力説。新妻氏は「日本の科学技術力を高め、安全・安心な国造りを進める」と強調した。

セミナーには魚住裕一郎参院会長、伊藤県代表、浜田昌良参院議員が出席。多数の企業関係者が参加した。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p9849/

関連記事

  1. 拙著『31歳。明日への挑戦。』

    拙著『31歳。明日への挑戦。』の反響に感謝

  2. 安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

    安江のぶお 新/愛知選挙区 定数4

  3. 高校時代に陸上競技のリレーでバトンをつなぐ姿

    陸上に駆けた青春

  4. 名古屋の長谷川市議とともに新御園橋の交差点での街頭

    名古屋の長谷川市議と新御園橋の交差点で街頭

  5. 職種別懇談会

    職種別懇談会を開催しました

  6. 東海市の太田川駅前のソラト太田川で後援会の会合が開催され、皆様に挨拶

    東海市の後援会の会合で皆様にご挨拶

PAGE TOP