地域の声行政に届ける 保育サービスの拡充が必要

(地域の声行政に届ける)保育サービスの拡充が必要/稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

稲津久厚生労働副大臣(公明党)は23日、厚労省で愛知県尾張旭市の森和実市長らと会い、保育サービスの拡充や公立保育所整備への支援について要望を受けた【写真】。公明党の新妻秀規、安江伸夫の両参院議員と地元市議が同席した。

森市長らは、近年、子育てを巡る環境の変化により、子育て世代から多様な保育サービスが求められていると強調。また、公立保育施設の老朽化が進んでいる現状を説明し、多様なニーズに応えるための財政支援を要求した。

稲津副大臣は前向きに取り組む意向を示した。

公明党ニュース:

(地域の声行政に届ける)保育サービスの拡充が必要/稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

関連記事

  1. 中小企業承継支援さらに/安江氏が愛知の相談窓口を調査

    中小企業 承継支援さらに

  2. 「若者議会」の成果などについて話を聞く(右から)鈴木市議、安江氏

    党青年委、若い世代の政治参加を推進

  3. YASU-METERが2万人を突破

    YASU-METERが2万人達成!

  4. 名古屋の福田市議と新御園橋での街頭

    名古屋の福田市議と新御園橋で街頭

  5. 「学生の声を国政に届けるのが使命だ」と強調する安江学生局長

    若者の声をカタチに!

  6. 学生局フォーラム

    学生局フォーラム

PAGE TOP