参院選 5選挙区予定候補の訴え(要旨)

安江のぶお氏

5日の公明フォーラムでは、参院選の兵庫、埼玉、神奈川、愛知、福岡の5選挙区に挑む予定候補(自民党推薦)が決意を述べた。訴えの要旨を紹介する。

庶民のための政治へ全力
愛知選挙区(定数4)
安江のぶお氏

地元・愛知で弁護士として、オレオレ詐欺の受け子をした中学生の更生や中小企業の事業再生に奔走し、家庭内暴力で苦しむ女性や長時間労働で体調を崩した青年の声を代弁する闘いにも取り組むなど、生活現場の苦しみや心の痛みに向き合ってきた。

そうした中、法律や制度には生活者や庶民の目線が足りないのではと痛感。本当の意味での庶民のための政治を志し、参院選への挑戦を決意した。

31歳、青年らしく、支援してくださる皆さまの熱い思いに応え、新時代の希望を担うため、全力で走り抜いていく。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p31766/

参院選勝利へ総立ち

安江のぶお氏

関連記事

  1. 東海ラジオ「安江のぶおのスマイルがいっぱい」14回目の放送

    高齢者特有の交通事故や犯罪被害についての注意点と、自転車事故…

  2. 7月12日(金)街頭演説会スケジュール|安江のぶお「32歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区候補

    7月12日(金)街頭演説会スケジュール

  3. 「あいち朝日遺跡ミュージアム」開館式典が開催

    「あいち朝日遺跡ミュージアム」開館式典が開催されました❗…

  4. 「東海はひとつ」の合言葉を胸に隙間時間で大垣城に

    「東海はひとつ」の合言葉を胸に隙間時間で大垣城に

  5. (地域の声行政に届ける)保育サービスの拡充が必要/稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

    地域の声行政に届ける 保育サービスの拡充が必要

  6. 公明党の新たな防災・減災・復興政策検討委員会等の合同会議

    誰ひとり取り残さない防災減災を推進して参ります

PAGE TOP