認知症予防で健康長寿を応援

高齢者と固い握手を交わす安江

幼い頃、リウマチに苦しむ祖母の在宅介護と認知症の祖父に尽くす、母の背中を目の当たりにしてきました。だからこそ、介護問題で悩む高齢者やその家族が地域で元気に暮らすための支援や制度をもっと充実させなければいけないと痛感しています。

先日、大府市にある国立長寿医療研究センターを訪問しました。そこで認知症を予防する手足の運動「コグニサイズ」を体験。実際にやってみると、運動と計算・しりとり等を組み合わせた動きで、脳が活性化されるのを実感しました。

公明党愛知県議会は、これまで県内の全市町村へ認知症の初期集中支援チームの設置や認知症カフェの普及を促進しました。誰もが住み慣れた地域でいつまでも暮らしていただけるよう、健康長寿のまちづくり、持続的な社会保障の実現、認知症予防に全力で頑張ります!

(写真は、高齢者と固い握手を交わす安江)

水谷先生との出会い

敬老の日に感謝を込めて

介助犬への理解広げよう

高齢者と固い握手を交わす安江

関連記事

  1. 安江のぶお候補(愛知選挙区)(中)の押し上げを訴える山口代表(左)、大村知事=15日 愛知・一宮市

    選挙区で“壁”破る大攻勢を

  2. 高齢者安心見守り隊による声掛け訓練の実演を視察する古屋本部長(右側手前)ら=28日 三重・松阪市

    住民主体の「見守り隊」

  3. 社会福祉法人・日本介助犬協会専務理事の髙栁友子さんと、安江のぶお氏(公明党参院選予定候補=愛知選挙区)

    介助犬への理解広げよう

  4. 豊田市の豊田則定線高橋の開通式に参加

    豊田市の豊田則定線高橋の開通式に参加

  5. 竹中理事長と安江

    すべての人が輝く明日へ 竹中理事長から応援の声

  6. ‪若者の“働く”を応援する公明党‬

    ‪若者の“働く”を応援する公明党‬

PAGE TOP