スポーツ振興で愛知を元気に

テコンドー部の仲間

プロ野球のキャンプが終盤を迎えました。“根尾フィーバー”で盛り上がる中日ドラゴンズのキャンプ地には、連日、たくさんのファンが足を運んでいるそうです。スポーツ選手の活躍やスポーツイベントの開催は、人々の心に「感動」や「充実感」を与えてくれます。

こうした「人の心を動かす力」が、スポーツの持つ魅力の一つです。私は大学時代にテコンドー部に所属し、3年次には部長として汗を流しました。テコンドーは、日本の空手をルーツにもつ、韓国で行われているスポーツ・格闘技の一種です。格闘技にとりたてて興味があったわけではありません。サークルの見学をしたとき目にした美しい演武に心を揺さぶられたことが、入部のきっかけとなりました。

安江のぶおはスポーツの持つ多様な力に着目し、9月開幕の「ラグビー・ワールドカップ」、明年の「東京オリンピック・パラリンピック」そして2026年に愛知で開催される「アジア競技大会」をはじめ、スポーツ振興に積極的に取り組み、地域経済を大いに盛り上げます!

(写真は、大学時代にテコンドー部の仲間と)

政策

愛知生まれ、愛知育ち

陸上に駆けた青春

2019年 参院選に挑む各選挙区の党予定候補(中)

テコンドー部の仲間

関連記事

  1. 高校時代に陸上競技のリレーでバトンをつなぐ姿

    陸上に駆けた青春

  2. 中学校の入学式で母との記念撮影

    もうすぐ「母の日」

  3. 大学院生らと活発に意見交換を行う安江学生局長(左)=18日 札幌市

    好感持てる政策が必要

  4. 衣浦みなとまつりに参加

    衣浦みなとまつりに参加

  5. 新春街頭で演説する模様

    決戦の年に勝利を誓う

  6. 装道礼法きもの学院の新年会に参加

    装道礼法きもの学院の新年会に参加

PAGE TOP