相談員の能力向上 重要

質問する安江氏=16日 参院消費者特委

被害防止へ「見守り」強化も 
旧統一教会問題巡り安江氏

16日の参院消費者問題特別委員会で公明党の安江伸夫氏は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡り、被害者家族らからの相談内容が心身の健康面や孤独・孤立、児童虐待といった問題まで多岐にわたることから、相談体制の充実・強化が必要だと訴えた。

安江氏は、霊感商法など消費者被害を巡る相談体制について「的確に内容を整理・分析して、最も適切な専門機関につなぐことが重要だ」と指摘し、相談員のスキルアップの必要性を主張した。消費者庁側は「研修などを充実させ、相談員の専門性やスキルの向上に取り組む」と答えた。

また安江氏は、悪質な霊感商法など消費者被害の防止・救済に向け、地方自治体と連携した周知啓発が重要だと指摘。高齢者らの被害防止へ地域の見守り体制の拡充を訴えた。河野太郎消費者担当相は、見守りの担い手養成講座を拡充するなど「前向きに取り組む」と応じた。

相談員の能力向上、重要/被害防止へ「見守り」強化も/旧統一教会問題巡り安江氏

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p265315/

関連記事

  1. 憲法記念日街頭演説会

    憲法記念日の意義を留めた街頭演説会を開催

  2. 参院選政策集

    公明党のマニフェストのポイント

  3. 安江のぶお愛知事務所を開設

    安江のぶお愛知事務所を名古屋市北区に開設

  4. 大学進学の機会確保/児童養護施設の生徒に受験料、1人20万円支援/JASSO、申請は来年2月末まで

    公明党の推進で受験料支援の申請がスタート!

  5. 若者のための政策磨く

  6. 職種別懇談会で交流を深めた青年たち

    男性の育児休業取得を後押し

PAGE TOP