各市町で活用しよう

各市町で活用しよう/21年度県予算案の説明聞く/党愛知県本部議会局

21年度県予算案の説明聞く/党愛知県本部議会局 

公明党愛知県本部議会局(局長=犬飼明佳県議)はこのほど、県の2021年度予算案に関する勉強会をオンラインで開催した。里見隆治、新妻秀規、安江伸夫の各参院議員、各市町議員が参加した。

講師の県財政課職員は21年度予算案の特徴について「新型コロナウイルス感染症の克服とアフターコロナを見据えた成長戦略を二本柱としている」と指摘。感染症対策では病床確保支援、児童養護施設への衛生用品購入助成などを紹介し、アフターコロナに向けた予算案では24年開設予定のスタートアップ支援拠点「ステーションAi」の整備などに言及した。このほか、党県議団が推進してきた子ども食堂への衛生用品購入費の補助、がん患者らの卵子や精子を保存する「妊よう性温存療法」への助成、自転車のヘルメット購入費の補助を説明した。

党愛知県本部の木藤俊郎幹事長(県議)は「公明党のネットワークを生かして連携し、国・県の予算を各自治体で活用していこう」と呼び掛けた。

各市町で活用しよう/21年度県予算案の説明聞く/党愛知県本部議会局

公明党ニュース:

関連記事

  1. [追悼] 元衆議院議員 享年90歳 草川昭三さん

    草川昭三先生を模範の姿として精進して参ります

  2. 安江のぶお 著『31歳。明日への挑戦。』

    本日出版「31歳。明日への挑戦。」

  3. 党愛知県本部の会合であいさつする伊藤県代表=同 名古屋市

    議員率先で公明新聞拡大

  4. 岡崎のビスタラインをご存知ですか?

    岡崎のビスタラインをご存知ですか?

  5. 住宅ローンなどの返済にお困りの方

    新型コロナウイルスの影響で住宅ローンの支払いに困難が生じた方…

  6. 新型コロナウイルス抗体保有調査の結果

    抗体保有調査の結果が公表

PAGE TOP