外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

(委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

安江氏が質問

参院法務委員会は7日、外国の弁護士が日本国内で国際仲裁事件を広く担えるようにするための外国弁護士特別措置法(外弁法)改正案を自民、公明などの賛成多数で可決した。

採決に先立つ質疑で公明党の安江伸夫氏は、日本の弁護士が外国の弁護士と共同法人を設立する場合、既存の法人を解散せずに活用する方が望ましいとの考えを示し、法務省の見解を求めた。法務省は「定款変更により、既存法人の解散手続きを経ることなく、共同法人になることができる」と答えた。

公明党ニュース:

(委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

関連記事

  1. 遠山副大臣(中央)に特別研究員などへの支援を要望する(右から)三浦、安江、室橋、小林の各氏=9日 財務省

    若手研究者へ支援急務

  2. オンラインユーストークで語り合う矢倉委員長(上段右から2人目)、三浦青年局長(中段右から2人目)、安江学生局長(下段左端)と参加者

    党青年委 オンラインでユーストーク

  3. 遠山副大臣(中央)に支援を要望する(右から)三浦、安江氏ら=9月9日 財務省

    若手研究者を支援

  4. 体験交流施設で説明を受ける(左2人目から)新妻、伊藤、安江氏ら=1日 愛知・豊田市

    地方創生の課題を調査

  5. 拙著『31歳。明日への挑戦。』

    拙著『31歳。明日への挑戦。』の反響に感謝

  6. 新城市、設楽町の皆様と懇談会の機会をいただきました

    新城市、設楽町の皆様と懇談会の機会をいただきました

PAGE TOP