外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

(委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

安江氏が質問

参院法務委員会は7日、外国の弁護士が日本国内で国際仲裁事件を広く担えるようにするための外国弁護士特別措置法(外弁法)改正案を自民、公明などの賛成多数で可決した。

採決に先立つ質疑で公明党の安江伸夫氏は、日本の弁護士が外国の弁護士と共同法人を設立する場合、既存の法人を解散せずに活用する方が望ましいとの考えを示し、法務省の見解を求めた。法務省は「定款変更により、既存法人の解散手続きを経ることなく、共同法人になることができる」と答えた。

公明党ニュース:

(委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

関連記事

  1. <公明党学生局>学生実態調査アンケート

    <公明党学生局>学生実態調査アンケート

  2. 介助犬への理解広げよう

    補助犬の普及・促進と共に

  3. 名古屋市の消防署で普通救命講習を受講

  4. 大学生らと教育や労働など巡り議論

  5. (参院で活発に委嘱審査=18日)子どもの人権相談、SNS活用すべき/安江氏

    (参院で活発に委嘱審査=18日)子どもの人権相談、SNS活用…

  6. 街頭演説で必勝への決意を述べる安江氏(右)と伊藤氏=30日 名古屋市

    公明に小さな声、聴く力

PAGE TOP