外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

(委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

安江氏が質問

参院法務委員会は7日、外国の弁護士が日本国内で国際仲裁事件を広く担えるようにするための外国弁護士特別措置法(外弁法)改正案を自民、公明などの賛成多数で可決した。

採決に先立つ質疑で公明党の安江伸夫氏は、日本の弁護士が外国の弁護士と共同法人を設立する場合、既存の法人を解散せずに活用する方が望ましいとの考えを示し、法務省の見解を求めた。法務省は「定款変更により、既存法人の解散手続きを経ることなく、共同法人になることができる」と答えた。

公明党ニュース:

(委員会質疑から)外弁法改正案参院委で可決/安江氏が質問

関連記事

  1. 祖父母と安江のぶお

    敬老の日に感謝を込めて

  2. 愛知10区「エサキ鉄磨」候補の応援に

    愛知10区「エサキ鉄磨」候補の応援に

  3. 東海ラジオ「安江のぶおのスマイルがいっぱい」

    バレンタインデーの思い出と奨学金を借りる際の注意について〜東…

  4. 参院選、統一地方選の勝利へ、総力を挙げて党勢拡大に挑むことを誓い合った全国県代表協議会=7日 公明会館

    参院選勝利へ勇躍出発

  5. 日本公認会計士協会東海会の賀詞交歓会

    新年の交歓を重ねるたびの決意

  6. 安江のぶお 新=愛知選挙区(定数4) 31歳。明日への挑戦。 庶民を守り抜く青年弁護士

    安江のぶお 新/愛知選挙区 定数4

PAGE TOP