今後の活動を協議

党青年委

公明党青年委員会(委員長=矢倉克夫参院議員)は15日、参院議員会館で会合を開き、今後の活動内容について協議した。平木大作同委顧問、矢倉委員長をはじめ、三浦信祐青年局長、安江伸夫学生局長ら所属の国会議員が参加した。会合では、公明議員と若者による懇談会「ユース・トーク・ミーティング」や学生懇談会「Qカレ」の実施状況を確認した。

矢倉委員長は「若者の悩みは多様化している。青年議員が先頭に立って若者の声を丁寧に聴き、政策として練り上げ、政治に反映していきたい」と強調した。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p44962/

今後の活動を協議/党青年委

関連記事

  1. 里見参議院議員とともにハローワークプラザ名中(めいなか)を視察

    里見参議院議員とともにハローワークプラザ名中(めいなか)を視…

  2. 名古屋市緑区鳴海駅前での朝街頭

    名古屋市緑区鳴海駅前での朝街頭

  3. 若者と語り合う安江

    高等教育の無償化が実現へ

  4. ツールを無償で提供/LINE社が協力申し出/文科省、浮島副大臣が応対

    いじめ被害救済のためのLINEの活用

  5. 「戦争のない世界の実現に全力を挙げる」と力説する安江氏(前列中央)と(前列左から)里見、新妻、魚住の各氏ら=11日 名古屋市

    平和構築へ誓い新たに

  6. 東海ラジオ「安江のぶおのスマイルがいっぱい」

    「いじめ」に対する相談先として弁護士が協力できる事〜東海ラジ…

PAGE TOP