いじめ被害救済のためのLINEの活用

ツールを無償で提供/LINE社が協力申し出/文科省、浮島副大臣が応対

いじめ被害救済のために、アクセスしやすい様々なツールがあるべきだと思います。LINEもそのひとつになるかもですね。

ツールを無償で提供/LINE社が協力申し出/文科省、浮島副大臣が応対
https://www.komei.or.jp/komeinews/p24284/

ツールを無償で提供/LINE社が協力申し出/文科省、浮島副大臣が応対

関連記事

  1. YASU-RUN 2nd のスライドショー

    YASU-RUN 2nd のスライドショー

  2. 法務委員会にて、初質問

    法務委員会にて初質問

  3. 高齢者と固い握手を交わす安江

    認知症予防で健康長寿を応援

  4. 終戦記念日を前に平和への決意を述べる浜田氏(前列中央)と(前列右から)安江、新妻、伊藤、里見の各氏ら=10日 名古屋市

    核兵器ない世界めざす

  5. (地域の声行政に届ける)保育サービスの拡充が必要/稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

    地域の声行政に届ける 保育サービスの拡充が必要

  6. 安江のぶおのスマイルがいっぱい

    夜回り先生こと水谷修先生との対談内容や未成年後見人制度につい…

PAGE TOP