育児休業取れるように

育児休業取れるように/安江氏「ユーストーク」で声聴く/党岐阜県本部

安江氏「ユーストーク」で声聴く
党岐阜県本部

公明党岐阜県本部青年局(局長=梅崎弦一・大垣市議)はこのほど、岐阜市と各務原市、大垣市、大野町で議員と若者の懇談会「ユーストークミーティング」をそれぞれ開催した。合わせて10~40代の男女24人が参加。安江伸夫参院議員、水野吉近県代表(県議)、地元議員らが出席した。

このうち大野町でのミーティングでは、子育てに励む30代の男性が「育児休業を取りやすい環境整備を」と求めた。30代女性は災害時の避難所について「障がい児の受け入れ体制を整えてほしい」と要望した。

安江氏は「現場の声を聴きながら、政策に反映してきたい」と述べた。

育児休業取れるように/安江氏「ユーストーク」で声聴く/党岐阜県本部

公明党ニュース:

関連記事

  1. 参議院法務委員会にて質問

    参議院法務委員会にて質問

  2. 若者団体への経済的支援を求める要望書

    若者団体への経済的支援を実現しましょう!

  3. 新型コロナワクチン接種証明書アプリ

    新型コロナワクチン接種証明書アプリ

  4. 遠山清彦氏に対する有罪判決について

    遠山清彦氏に対する有罪判決について

  5. 通学定期代助成制度創設

    たなべビジョン「通学定期代助成制度創設」

  6. 県衛生事業協同組合から要望を受ける伊藤県代表(前列中央)、安江氏(右隣)ら=30日 名古屋市

    連携の力で課題解決

PAGE TOP