子どもの権利守る学校に

安江局長(中央右)に提言書を手渡す室橋代表理事(同左)ら=29日 参院議員会館

声聴く仕組みづくりなど要望 
党学生局に若者団体が提言

公明党学生局(局長=安江伸夫参院議員)は29日、参院議員会館で日本若者協議会の室橋祐貴代表理事と会い、学校における子どもの権利保障に関する提言を受けた。安江局長、佐々木さやか顧問、高橋光男局長代理(ともに参院議員)が出席した。

室橋代表理事は、全ての子どもの権利を保障する「こども基本法」が4月に施行されたことに触れ、「日本の学校では子どもの権利が十分に守られているとは言えない」と指摘。その上で、小学生から大学院生までの24人でつくる検討会で議論を重ねた内容として、学校内で子どもの声を聴く仕組みづくりや人権教育の強化、子どもが安心して通える学校の環境整備などを求めた。

安江局長は「しっかり受け止めて前進させていきたい」と応じた。

子どもの権利守る学校に/声聴く仕組みづくりなど要望/党学生局に若者団体が提言

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p301370/

関連記事

  1. (課題解決へ調査活動)(脱炭素化)微生物が調理ごみを分解

  2. 名古屋市中村区「おか千恵」市議候補

    名古屋市中村区は「おか千恵」とお決めください!

  3. 安心の社会保障を構築/幼児、高等教育の無償化力説/愛知の交歓会で山口代表

    公明党愛知県本部の賀詞交換会が開催され、決意を述べさせていた…

  4. 首都圏除く6府県、28日で緊急事態宣言解除を決定

    引き続きの感染対策の徹底を

  5. 豊田市の大石ちさとさんの実績

    豊田市の大石ちさとさんの実績

  6. 若者の声を政治に届ける

PAGE TOP