“氷河期”世代の就職支援

サポート施設訪れ現状聴く 
名古屋市で安江氏

公明党の安江伸夫参院議員は26日、40代までの人の就職を支援する「なごや若者サポートステーション」(名古屋市)を訪問し、厚生労働省愛知労働局と市から委託を受けて施設を運営するNPO法人「ICDS」の金武和弘センター長らと、40代を中心とする就職氷河期世代への支援などについて現状を聴いた。市川英男、犬飼明佳の両県議が同行した。

金武センター長は「40代は、10~20代と比べると長年働けないので、効率性や生産性など企業が求める人材像とギャップがある」と述べ、40代を中心とする就職氷河期世代の雇用拡大を進めることの難しさを指摘した。

視察を終えた安江氏は「支援の充実に向け、引き続き現場の声を聴きながら取り組みたい」と話した。

“氷河期”世代の就職支援/サポート施設訪れ現状聴く/名古屋市で安江氏

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p213514/

関連記事

  1. 過日の知多半島から見た太陽

    大学入学共通テストの受験生の皆さんへ

  2. 平和堂 春日井庄名店さん前の街頭にてご挨拶

    春日井市の街頭にてご挨拶

  3. 多様性の尊重に向けて、若者と意見を交わす安江副委員長(中)=24日 参院議員会館

    多様性 尊重する社会へ

  4. 中小企業経営者の声を聴く安江

    中小企業の可能性を未来へ 事業承継を支援

  5. ミッドランドスクエア前で里見りゅうじ議員と共に

    ミッドランドスクエア前で初の街頭演説

  6. 全ての子どもたちに教育の光を

    全ての子どもたちに教育の光を

PAGE TOP