VA追い風に政策実現

オンラインで党全国青年局長懇談会

公明党青年局(局長=三浦信祐参院議員)は6日、オンラインで全国青年局長懇談会を開き、青年政策実現の追い風とするため、政策アンケート「VOICE ACTION(ボイス・アクション=VA)2021」をより一層推進していくことを確認し合った。矢倉克夫青年委員長、安江伸夫学生局長(ともに参院議員)らが参加した。

冒頭、矢倉委員長は「声が(政治に)届いたと多くの人が実感できるよう取り組もう」と積極的な推進を訴えた。

VAの項目に関し、三浦局長は、心の状態を自らチェックできるアプリ「KOKOROBO」が公明党の訴えで開発・運用されていることを紹介。また、奨学金返還支援制度が全国の自治体で導入されるよう、地方議会での取り組みを呼び掛けた。安江学生局長は、ネット中傷対策の進捗状況などを説明した。

会合では、志賀泰雄・新潟市議、山梨渉・静岡市議、真山祐一・福島県議の各県青年局長が活動報告した。

VA追い風に政策実現/オンラインで党全国青年局長懇談会

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p163094/

関連記事

  1. 紀尾井町ガーデンテラスの花のオブジェ

    大巻伸嗣さんの花のオブジェ

  2. (参院選トピックス)「介護の現場に希望を」/安江候補、政策の原点は家族/名古屋市

    (参院選トピックス)「介護の現場に希望を」

  3. (地域の声行政に届ける)保育サービスの拡充が必要/稲津厚労副大臣に尾張旭市長ら

    地域の声行政に届ける 保育サービスの拡充が必要

  4. 初めての電動車イス

    スポーツの日に初めての電動車イス

  5. 声をカタチに! 青年国会議員の活動リポート)学生支援や消費者問題に力注ぐ/党学生局長・安江伸夫参院議員

    声をカタチに! 青年国会議員の活動リポート

  6. 人権を守る闘いに力を尽くすと訴える魚住(前列中央)、安江(左隣)の両氏ら=4日 名古屋市

    人権守る闘いに真剣

PAGE TOP