博士号取得者採用を推進

(参院で委嘱審査=1面の続き)博士号取得者採用を推進/安江氏

安江氏

文教科学委員会で安江伸夫氏は博士号取得者について、専門性を評価されて採用されることが少ない状況を念頭に、専門性を十分に生かせる職場に就職できるよう、民間企業や公的機関を問わず積極的な採用を後押ししていく重要性を力説。「『隗より始めよ』で、文部科学省が率先して登用するべきだ」と訴えた。

これに対し、萩生田光一文科相は、省独自の取り組みとして、博士号取得者へのリクルート活動や情報発信に取り組んでいると説明。さらに、省内の博士号取得者については、専門性を生かしたポストへの配慮や昇進の早期化などの検討に着手していると述べ、今後は、博士号を持つ国家公務員に関して「処遇改善や具体的な方策を検討する」と答えた。

(参院で委嘱審査=1面の続き)博士号取得者採用を推進/安江氏

関連記事

  1. 豊橋の公明党支部会で国政報告

    尾張旭市の公明党支部会でご挨拶/豊橋で国政報告

  2. 記念街頭演説

    成人の日記念街頭/知多市の地域のおまつり

  3. 名古屋市伏見駅前で朝のご挨拶

    名古屋市伏見駅前で朝のご挨拶

  4. 公明党愛知県本部で各種団体との懇談会

  5. 参議院の文教科学委員会で初質問

    参議院の文教科学委員会で初質問

  6. 質問する安江氏=12日 参院法務委

    参院で安江氏が初質問

PAGE TOP