ネット社会にあっても地道な「対話」が政治には不可欠

深堀ユーストークに東京工業大学の西田亮介先生にお越しいただきました

深掘りユーストーク❗️

今日は、深堀ユーストークに東京工業大学の西田亮介先生に講師としてお越しいただきました。

大要、御著書の『コロナ危機における社会学』の内容に沿ってお話しいただきましたが、改めて、「ネット上の言論と健全な民主主義の関係性」をよくよく考察していかなければならないと感じました。
公明党のボイス・アクションについては、ありがたいことに、一定の評価をいただきましたが、今日改めて思ったのは、当然のことですが、ネット社会にあっても地道な「対話」が政治には不可欠であり、また、有権者の皆様に政治的有効性をしっかりと実感していただくことが重要ということ。SNSも、そのための一つの「ツール」として、価値創造のために駆使していかなければと感じました。
貴重な時間となりました。ありがとうございました。

深堀ユーストークに東京工業大学の西田亮介先生にお越しいただきました 深堀ユーストークに東京工業大学の西田亮介先生にお越しいただきました

関連記事

  1. 安江氏=23日 参院予算委

    福祉施設休業で支援を

  2. 働き方改革の取り組みを聞く安江氏(中)ら=21日 愛知・一宮市

    参院選予定候補 最前線で動き、訴える

  3. 幼少期の安江のぶお

    愛知生まれ、愛知育ち

  4. 若者の声に耳を傾ける安江

    若者の多様な働き方

  5. 中部国際空港の第2ターミナル

    中部国際空港の第2ターミナルに期待

  6. 室橋氏(左端)と活発に意見交換する矢倉委員長(中央)と安江伸夫学生局長(右端)=2月17日 参院議員会館

    党青年委 深掘りユーストーク

PAGE TOP