空港の検疫体制拡充を求める

空港の検疫体制拡充を求める/赤羽国交相に愛知県知事ら

赤羽国交相に愛知県知事ら

赤羽一嘉国土交通相(公明党)はこのほど、国交省で愛知県の大村秀章知事らと会い、6月から国際線のごく一部で運航を再開している中部国際空港について、さらなる運航再開に向けた検疫体制拡充に関する要望を受けた【写真】。公明党の安江伸夫参院議員が同席した。

大村知事らは、今月から、ビジネス上で必要な人に加え、留学生などの入国が許可されたことを踏まえ、国際線の多くの便を早期に再開させる必要があると強調。その上で、新型コロナの感染拡大を防止しながら、人の往来を増やすために、検査官の増員や民間検査会社の活用など、検疫体制の拡充を求めた。

赤羽国交相は、しっかりと取り組む考えを示した。

公明党ニュース:

空港の検疫体制拡充を求める/赤羽国交相に愛知県知事ら

関連記事

  1. 父と幼い私

    父から学んだこと

  2. 豚コレラの感染拡大防止策を大村知事(中央右)に求める安江氏(同左)ら=7日 名古屋市

    豚コレラの拡大防げ

  3. 中小企業経営者の声を聴く安江

    中小企業の活性化で日本を元気に

  4. 中部国際空港の第2ターミナル

    中部国際空港の第2ターミナルに期待

  5. 党愛知県本部の政経セミナーであいさつする石井国土交通相(中)と、安江(左)、新妻両氏=3日 名古屋市

    治水対策進め、人命守る

  6. 充実する奨学金 若者の学び 応援する公明党

    教育支援の拡充につとめて参ります!

PAGE TOP