紛争から子ども守る

国際貢献への決意をつづった色紙を手に大学生と語り合う矢倉委員長(左から2人目)ら=14日 参院議員会館

大学生と活発に議論 
党青年委

公明党青年委員会(委員長=矢倉克夫参院議員)は14日、参院議員会館で公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」ユースチームの大学生らと会い、「紛争下の子どもと教育を守るために、日本としてできることは何か」をテーマに語り合った。矢倉委員長のほか、安江伸夫学生局長、杉久武、高橋光男の両副委員長(いずれも参院議員)が参加した。

席上、大学生の野中正輝さん、山口彩恵さんが、武力紛争下の子どもを守るため、政府開発援助(ODA)を拡充する必要性を指摘。また、学校を軍事利用しないよう規定する「学校保護宣言」への日本政府の支持を呼び掛けた。

矢倉委員長は「若者の声は大きな力となる。しっかり受け止める」と述べた。

公明党ニュース:https://www.komei.or.jp/komeinews/p124377/

争から子ども守る/大学生と活発に議論/党青年委国際貢献への決意をつづった色紙を手に大学生と語り合う矢倉委員長(左から2人目)ら=14日 参院議員会館

関連記事

  1. 32歳。明日への挑戦。|安江のぶお「32歳。明日への挑戦。」2019年参院選 愛知選挙区候補

    32歳。明日への挑戦。

  2. 党愛知県本部の懇親の集いであいさつする石田政調会長(中)と安江(左)、新妻の両氏=1日 名古屋市

    防災・減災対策進める

  3. 全国をオンラインでつないだ青年局長会議であいさつする矢倉委員長=28日 党本部

    若者の声 政治に届ける

  4. 職種別懇談会で交流を深めた青年たち

    男性の育児休業取得を後押し

  5. (ズバリ聞きます!)学生への経済的支援策/答える人=党学生局長(参院議員) 安江伸夫さん

    学生への経済的支援策

  6. 現場でいただいた声を中小企業庁に要望として提出

    現場でいただいた声を中小企業庁に要望として提出

PAGE TOP