工場の防災対策さらに

工場の防災対策さらに/積荷転落防止装置を視察/安江氏が愛知・半田市の企業で

積荷転落防止装置を視察/安江氏が愛知・半田市の企業で

公明党の安江伸夫参院議員は先ごろ、機械器具設置工事などを行う株式会社「ウエイト東海」(片山和洋代表取締役、愛知県半田市)を訪れ、同社が開発した、工場の倉庫などに積み重ねられた荷物の転落を防ぐ装置「Safety Gate Box」(S・G・B)を視察した。山田清一市議が同行した。

倉庫で働く人などの安全を守るS・G・Bは、棚のような形状。中に荷物を積むと、その重さで作動し、開いていたスチール製のゲートが閉まり、地震で揺れてもゲートが荷の転落を防ぐ仕組み。テコの原理を利用しており、電源は不要。昨年6月、国内で特許を取得した。

片山氏は「工場を抱える企業の防災・減災意識はまだまだ薄いと感じる。作業員の命を守るため、行政にも力を貸していただきたい」と話した。

視察を終え、安江氏は「工場の防災に、国としても何か支援できないか考えたい」と語った。

公明党ニュース:

工場の防災対策さらに/積荷転落防止装置を視察/安江氏が愛知・半田市の企業で工場の防災対策さらに/積荷転落防止装置を視察/安江氏が愛知・半田市の企業で

関連記事

  1. 安江氏=23日 参院予算委

    福祉施設休業で支援を

  2. 岡崎のビスタラインをご存知ですか?

    岡崎のビスタラインをご存知ですか?

  3. 安江と岡県議会議員がブロック塀を視察する模様

    防災・減災を社会の主流に

  4. (KOMEI@「何でも調査班」)若者の声を基に国会論戦

    若者の声を基に国会論戦

  5. 名古屋市千種区の支部会へ

    名古屋市千種区の支部会へ

  6. 両角氏(右)と若者の政治参加について意見を交わす安江氏=10日 埼玉・越谷市

    若者の政治参加で対談

PAGE TOP