東海豪雨20年パネル展を見学

東海豪雨20年パネル展を見学

東海豪雨20年パネル展を見学させていただきました。

中部地方整備局と愛知県は、庄内川を安全な川にするため、堤防強化、河道掘削、洗堰の嵩上げ等の整備をすすめてきました。

しかし、当日でこそ未曾有の豪雨でありましたが、近年は気象変動により、東海豪雨を超える大雨が発生しています。更なる対策が求められています。

今後は、これまでの河川管理者の取り組みだけでなく、河川流域全体で取り組む「流域治水」が重要となってきます。

防災減災は、最重要の政治課題。引き続き、皆様の安心と安全を守るための取り組みに、公明党としても全力で取り組んで参ります。

※ゴーグルの写真は、名古屋駅前の浸水被害を体験している模様です。自販機が流れてきたり、頭まですっぽり水が被るなど、臨場感のある危機体験ができました。

東海豪雨20年パネル展を見学 東海豪雨20年パネル展を見学 東海豪雨20年パネル展を見学 東海豪雨20年パネル展を見学 名古屋駅前の浸水被害を体験 名古屋駅前の浸水被害を体験 東海豪雨20年パネル展を見学

関連記事

  1. いぬかい明佳の実績報告

    愛知16区予定候補・いぬかい明佳の実績報告

  2. 日本公認会計士協会東海会の賀詞交歓会

    新年の交歓を重ねるたびの決意

  3. 大雨による被害を受けた豊川市、豊橋市へ

    大雨による被害を受けた豊川市、豊橋市へ

  4. 成人の日の街頭演説

    成人の日の街頭演説

  5. 民事訴訟手続きのIT化

    民事訴訟手続きのIT化が進んでいます

  6. 政治評論家の森田実先生

    森田実先生のご冥福をお祈り申し上げます

PAGE TOP