東海豪雨20年パネル展を見学

東海豪雨20年パネル展を見学

東海豪雨20年パネル展を見学させていただきました。

中部地方整備局と愛知県は、庄内川を安全な川にするため、堤防強化、河道掘削、洗堰の嵩上げ等の整備をすすめてきました。

しかし、当日でこそ未曾有の豪雨でありましたが、近年は気象変動により、東海豪雨を超える大雨が発生しています。更なる対策が求められています。

今後は、これまでの河川管理者の取り組みだけでなく、河川流域全体で取り組む「流域治水」が重要となってきます。

防災減災は、最重要の政治課題。引き続き、皆様の安心と安全を守るための取り組みに、公明党としても全力で取り組んで参ります。

※ゴーグルの写真は、名古屋駅前の浸水被害を体験している模様です。自販機が流れてきたり、頭まですっぽり水が被るなど、臨場感のある危機体験ができました。

東海豪雨20年パネル展を見学 東海豪雨20年パネル展を見学 東海豪雨20年パネル展を見学 東海豪雨20年パネル展を見学 名古屋駅前の浸水被害を体験 名古屋駅前の浸水被害を体験 東海豪雨20年パネル展を見学

関連記事

  1. 7月15日(月)ダイジェスト映像

    7月15日(月)ダイジェスト映像

  2. (参院で活発に委嘱審査=18日)子どもの人権相談、SNS活用すべき/安江氏

    (参院で活発に委嘱審査=18日)子どもの人権相談、SNS活用…

  3. 時局講演会にお越しいただいた森田実先生から、私へのエールをいただきました

    時局講演会にお越しいただいた森田実先生からエールをいただきま…

  4. 愛知県半田市、武豊町、阿久比町、常滑市、知多市と街頭演説

    愛知県半田市、武豊町、阿久比町、常滑市、知多市で街頭演説

  5. 地元知多市の日長三区の盆踊り大会に参加

    地元知多市の日長三区の盆踊り大会に参加

  6. 公明副大臣が主査務める厚労省「生活を守る」PTの活躍を追う

PAGE TOP